ASUS ZenFone6をレビュー!フリップカメラが高性能で個性的スマホだった

ASUS ZenFone6のレビュー
すず
ZenFone6の回転するカメラが超気になるんだけど…。
コンシェルジュ
フリップカメラのことですね。SIMフリー端末では初の機能であり、それに人気の機種ですね。

2019年8月に発売されたASUSのZenFone6は、SIMフリー端末の常識を覆すフリップカメラ搭載モデルです。

カメラがクルクル回転するだけでなく、高画質で高性能な写真を撮れることから注目の機種ですが、魅力はそれだけではありません!

他にもスペック、ベンチマークテスト、バッテリー性能、それに便利機能も特徴的な機種です。

そんな高性能なZenFone6を実際に試してみたので、レビューにして紹介したいと思います。

ASUS ZenFone6のスペック

ZenFone6の箱
項目 スペック
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約75.4×159.1×9.1mm
重量 約190g
ディスプレイ 約6.4インチ(2,340×1,080ドット)※フルHD+
カメラの画素数 メインカメラ(約4,800万画素数)
サブカメラ(約1,300万画素数)
※フリップカメラ、デュアルLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス
バッテリー容量 約5,000mAh
OS Android9.0
メモリ 6GBもしくは8GB
CPU QualcommR Snapdragon 855(オクタコアCPU)
容量 128GB(UFS2.1)もしくは256GB(UFS2.1)
※microSDXCカードなどで増量可能
SIMカード nanoSIM×2
防水・防塵 非搭載
Bluetooth Bluetooth5.0
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯)
対応バンド FDD LTE(Band1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28)
TDD LTE(Band38/39/41/46)
WCDMA(Band1/2/3/4/5/6/8/19)
GSM/EDGE(850/900/1800/1,900MHz)
キャリアアグリゲーション(5CA(DL)/2CA(UL))
生体認証 顔認証、指紋認証
Felica 非搭載
NFC 非搭載
ワンセグ 非搭載
ワンセグチューナー 非搭載
付属品 USB、ACアダプター、クリアケーズ、ZenFone Pro交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書、SIMイジェクトピン

ZenFone6はフリップカメラに目がいきがちですが、スペックも高性能です。

CPUは現在販売しているスマホの中では、世界最高クラスのQualcommR Snapdragon 855(オクタコアCPU)を搭載。

バッテリー容量は、ZenFoneシリーズの最高クラスの5,000mAhという大容量となっています。

他にもディスプレイは約6.4インチの大画面、nano SIMを2つ挿入可能です。

もちろんSIMフリー端末であるため、キャリアの回線の種類関係なく、どの格安SIMでも利用するができます。

注意!

SHARPのAQUOSシリーズの機種のように、防水・防塵やおサイフケータイ機能といった日本人が好む機能は搭載していません。

ASUS ZenFone6の外観と付属品

ZenFone6の付属品一式

ZenFone6はメモリと容量の関係から2つのモデル(6GB/128GBと8GB/256GB)に分かれます。

どちらも2種類のカラー(トワイライトシルバー、ミッドナイトブラック)があり、好きなカラーを選択できます。

今回は、男性に人気のミッドナイトブラックをIIJmio入手したため、ZenFone6の外観や付属品などを一緒に紹介していきます。

フルディスプレイの大画面で抜群に見やすい

ZenFone6とiPhone5s

ZenFone6のディスプレイは大画面の約6.4インチです。

例えば、約4インチのiPhone5sと比較すると、ディスプレイのサイズ感が全然違うことがよく分かると思います。

すず
思っているより大きいのね。
ZenFone6のディスプレイ

解像度は2,340×1,080ドットのフルHD+になります。

有機ELではないものの、IPS液晶(LEDバックライト)が搭載しているため、ディスプレイもとても綺麗です。

ノッチなどのインカメラもなく、フルディスプレイになります。

ZenFone6の初期アプリ

ZenFone6の初期ホーム画面になります。

Google関係のアプリ(Gmail、マップ、YouTube、ドライブ、Play Music、Google Playなど)をはじめ、SNS関係のアプリ(Twitter、Facebook、Instagramなど)が標準で入っています。

約6.4インチの大画面ということもあり、複数のアイコンを同時に見ることができます。

それに文字のサイズもやや大きいため、とても見やすいです。

背面パネル

ZenFone6

背面パネルは光沢感があり、高級感があるデザインとなっています。

それに光沢によって反射することから、ちょっとした鏡代わりにもなります。

ただあまりにも光沢感が良い反面、指紋が目立ちやすいことが、やや難点です。

他に話題のフリップカメラと指紋センサーもあります。

すず
お~!クールでカッコイイわ♪

側面は

ZenFone6の左側面

ZenFone6の側面もやや光沢感がありますが、背面パネルに比べると抑えられています。

やや丸みがあることから、指にひっかかりやすく持ちやすいデザインになっています。

ZenFone6の右側面

側面右には、上から「Googleアシスタントボタン」「音量ボタン」「電源ボタン」があります。

特にGoogleアシスタントボタンを押せば、AIが自動的に立ち上がり、さまざまな問いに対して、問題を解決してくれます。

また、ZenFone6では音量を下げるボタンと電源ボタンを長押しをすれば、スクリーンショットを撮ることができます。

ZenFone6の上側面

側面の上側は、フリップカメラが回転する部分とマイク(小さな穴)あります。

ZenFone6の左側面

側面の下側は、右から順に「スピーカー」「マイク」「UAB-TypeCポート」「イヤホンジャック」があります。

付属のUSB充電器は、この側面から行えばOKです!

デュアルSIM対応+SIMカードの挿入もOK!

ZenFone6のSIMトレイを開けた様子

側面の左側には、「SIMトレイ」があります。

ZenFone6はデュアルSIM対応のSIMフリー端末であるため、2枚のSIMカードを同時に利用することができます。

しかも、SIMトレイ1(2枚のnano SIM)、SIMトレイ2(micro SDカード)という使い方も可能です!

すず
これでmicro SDカードに常に保存ができるね。

付属のイヤホンジャックも取付が可能!充電はUSBアダプタ対応

ZenFone6を購入すると複数の付属品が付いてくるため、別途購入する必要がありません。

ZenFone6の付属品(イヤホン)

音楽を聞く時に使える「イヤホン」と交換用の「ZenFone Pro交換用イヤーピース」です。

ZenFone6(USBケーブル)

充電で使う「USB Type Cケーブル」です。

ZenFone6の付属品(USBアダプタ)

USB Type Cケーブルとセットで使える「USB充電器」です。

保護ケース

ZenFone6の付属品(保護ケース)

ZenFone6は保護ケースもセットで付いてきます。

無色透明のプラスチック素材であり、やや硬いことから、しっかりとガードしてくれます。

そのため、シリコン素材と比べるとややキズが付きやすいため、気になる方はZenFone6専用のスマホケースを別に購入しても良いと思います。

すず
スマホケースを余分に購入する必要がないから助かるわ♪
コンシェルジュ
ここまでZenFone6の外観を紹介してきましたが、いかがでしょうか?

高性能やCPUやフリップカメラをはじめ、指紋センサーやデュアルSIM対応といった必要な機能が搭載されていましたね。

それに付属品もセットになっていて別途購入する必要もないから、箱を開けたらすぐに使えますね。

ベンチマークテストも高数値!

ZenFone6のベンチマークテストの結果
コンシェルジュ
Antutu Benchmarkを使ってベンチマークテストを行ってみました。

総合スコアは338,143であり、高スコアです!

特にGPUが、驚異の167,317をたたき出しているから、衝撃です!

他にCPUが現段階で最高水準のQualcommR Snapdragon 855を搭載していることもあって、スコアも高く、当然処理能力も速いからサクサク動きました。

画面の操作はもちろんですが、データ通信量が多いゲームもダウンロード時間がとても速く、ゲーム+動画+音楽といった複数のアプリを同時に立ち上げても、普通に動いて楽しめました。

バッテリー持ちがSIMフリーで最強機種!

ZenFone6のバッテリー容量は5,000mAhです。

現在、販売しているSIMフリー端末では最高クラスであり、バッテリー持ちが良いことで有名なZenFone Maxシリーズと同等になります。

ZenFone6のバッテリー残量

こちらの画像は、一度フル充電に近い状態までした時の電池残量の設定画面になります。

「残り時間2日以上」という表示になり、これには驚きを隠せずにはいられません!

すず
超バッテリー持ちがいいじゃん♪
コンシェルジュ
ちなみに、連続待受時間は最大で約849時間です。

ZenFone6は他のZenFoneシリーズの機種と違って急速充電に対応しています。

一般的に、5,000mAhがフル充電する場合は4~5時間程度かかってしまうのですが、ZenFone6では3時間程度で終わりました。

実際のバッテリー持ちはというと?

LINEやメール、サイトの閲覧など、いつも通りの使い方をしたとしても、約2日程度のバッテリーが持ちました。

動画や音楽などバッテリーの消費が激しい使い方をしたとしても、約1日以上はもちます。

ゲームもサクサク動く

ZenFone6で遊んだポケモンGO

ZenFone6はゲームもサクサク動くため、存分に楽しめます。

例えば、モンストやポケモンGOなどの人気ゲームをはじめ、データ通信量が多い荒野行動も全く問題なし!というか、快適!

CPUが最強クラスということもあって、高画質なゲームも抜群に起動が速いです。

このように、ZenFone6はハイスペックモデルの機種ということもあり、データ通信量が多いゲームでも困ることはないと思います。

フリップカメラが個性的で面白い!

ZenFone6のフリップカメラ

フリップカメラは、一言で言うと「画期的+個性的!」

今までのスマホになかった面白いカメラ機能といえます。

自分で操作することが可能であり、最大で180°回転をします。(もちろん、好きな角度で調整も可能)

コンシェルジュ
まずは、実際に動く様子をご覧下さい。
フリップカメラが動く様子
すず
想像以上に面白いね♪

フリップカメラは、自分でさまざまな角度に調整することができますが、たまに元の位置に戻らなくなることがあります。

そんな時は、フリップカメラを2回触ればOK!

すぐに元に位置に戻るため、焦る必要もありません。

ZenFone6のフリップカメラの動かし方

操作の仕方は、大きく2種類あります。

1つ目が、「カメラボタン」を上限にスライドすると、フリップカメラが動き、自分の好きな角度で調整することができます。

フリップカメラのローアングル

例えば、フリップカメラを90°に固定すれば、超ローアングルもOK!

ディスプレイを覗くだけで、今まで撮ることが難しかったローアングルも簡単に撮ることができます。

フリップカメラのローアングル(天井を映す様子)

例えばこんな使い方もアリ!

ZenFone6を垂直に傾けて、フリップカメラを90°に固定すれば、簡単に天井を撮ることもできます。

ZenFone6のフリップカメラ(インカメラの場合)

2つ目の操作方法は、「カメラボタン」を1回押すだけで、フリップカメラが180°に固定されてインカメラになります。

自撮りをしたい時は、この方法が最も手っ取り早く、写メを撮ることができます。

多彩なカメラ機能の数々!

ZenFone6のカメラにはAIが搭載しているため、自動でさまざまなシーンを判別してくれます。

だから、プロ顔負けの写真を撮ることができるため、どんなに写真を撮ることが苦手な人でも綺麗な仕上がりになります。

それに主に4つの機能と9つのモード、さらにメインカメラと広角カメラの切り替えもできるため、テクニックを使えばワンランク上の写真を撮ることも可能です。

ZenFone6の色彩変更

例えば、「色彩機能」は画面上部のボタンを押すと自動的に表示されます。

レトロやモノクロなど、全部で9パターンあるため、自分の好きな色彩に合わせれば、一味違った写真を撮ることができます。

他に「HDR」「サイズ調整」「ライト」といった3つの機能も、タップだけで簡単に切り替えができます。

ZenFone6のモーショントラッキング

画面下部には9つのモードがあり、スライドをすれば切り替えができます。

例えば「モーショントラッキング」では、AIが自動的に人もしくは物を認識し、被写体からズレることを防ぎます。

ZenFone6のProモード

「Proモード」であれば、被写体に合わせてちょっと凝った写真を撮ることができます。

明るさやコントラストといった設定を、1つ1つ細かく変更できるため、あなただけのオリジナル写真を撮ることができます。

写真好きには、嬉しいモードの1つといえますね。

ASUS ZenFone6で撮った写真

コンシェルジュ
さまざまなモードを使って、写真を撮ってみました!
ZenFone6で撮った写真(建物)

AIが自動的にシーンを認識するため、建物もハッキリ!

ZenFone6で撮った写真(街並み)

街並みもバッチリ!遠近感も綺麗に撮れます!

ZenFone6で撮った画像(花)

高いところの写真もOK!花もしっかり撮れます。

ZenFone6で撮った写真(花)

逆にアップもOK!1枚1枚の花びらまで綺麗に撮れます!

ZenFone6で撮った写真(公園の木)

大自然の木々もOK!青空と区別されて、ハッキリ写ります。

ZenFone6で撮った写真(公園の木)

場所を変えても、木々の特徴がしっかり撮れます!

ZenFone6で撮った写真(湖)

湖もOK!水辺の臨場感が伝わります。

ZenFone6で撮った画像(パノラマモード)

「パノラマモード」を使うと、ディスプレイに入りきらなかった風景も、まるまる撮れます!

ZenFone6のポートレートモードで撮った写真

「ポートレートモード」では、近くの被写体(花)がハッキリ!

逆に背景の木が、ぼやけている様子が分かると思います。

ZenFone6で撮った画像(セピア)

「色彩機能のレトロ」で撮ると、iPhoneがクラシックに大変身!!!

ZenFone6の夜景モードで撮った写真

ZenFone6にはさまざまなモードがありますが、最もオススメで試してほしい機能が「夜景モード」です。

明暗が区別され、明るい光の部分も被写体を潰すことなく、ハッキリ写ります。

だから、プロのような幻想的な写真を誰でも撮ることができるから、個人的には最も感動した機能でした!

すず
夜景モードで撮ったら、インスタ映え確実ね♪

ASUS ZenFone6で撮った画像(フリップカメラをインにした状態)

ZenFone6のインカメラで撮った写真

フリップカメラをインにすれば、自撮りもOK!

サングラスをかけて撮影をしてみましたが、室内はもちろん夜間の撮影でも、AIがしっかりと認識してくれました。

このようにZenFone6のフリップカメラを使えば、どんなシーンにも対応し、しかも綺麗な写真を撮ることができるから、とてもありがたいですね。

ZenFone6には便利機能が満載!

ZenFone6

ZenFone6は高性能なフリップカメラ以外にも、便利な機能が目白押し!

実際に触ってみて、「お!!!」と感動した機能を、5つ厳選して紹介します。

顔認証や指紋認証で電源が立ち上がる

ZenFone6の指紋認証

背面パネルにある指紋センサーを触れば、指紋認証がOK!

フリップカメラを見れば、顔認証も可能です。

ZenFone6の指紋認証と顔認証の設定画面

ただし、指紋認証と顔認証を行うためには、事前に設定アプリにある「セキュリティとロック画面」から認識しておく必要があります。

どちらも、特別難しくなく数分で完了!

登録さえしておけば、認証だけで楽々電源が立ち上がります!

SNSのアカウントを2つ持てる

ZenFone6のツインアプリ機能

ZenFone6はツインアプリ対応の機種です。

クローンアプリを作成できるため、2つのアカウントを同時に持つことができます。

例えば、TwitterやFacebook、LINE、InstagramといったSNSアプリも、ホーム画面に2つ表示できます。

ただし、DSDV利用者は2つの電話番号が必要になるため、2つのSIMカード(音声通話付き)を契約する必要がある。

スリープモードもタップや持ち上げるだけでOK!

ZenFone6を持ち上げてスリープモードを解除

設定アプリの中にある「ジェスチャー操作」には、さまざまな便利操作があります。

その中でも、スリープモードからの電源の立ち上げは、とてもよく使う機能の1つであり紹介します。

スリープモードからの電源の立ち上げ

1つ目の方法は、端末を持ち上げるだけで、自動的にスリープモードが解除されます。

スクリーンオンオフ

2つ目の方法は、「タッチジェスチャー設定」の「スクリーンオン」と「スクリーンオフ」設定をしておくと、ディスプレイをダブルタッチするだけで、スリープモードのオンオフが簡単にできます。

どちらも片手でできてしまうため、女性でも楽々操作が可能です!

片手モードで操作が楽々

ZenFone6の片手モード

ZenFone6は約6.4インチという大画面であるため、手が小さい方にとっては片手で操作するには、やや難しいと思います。

そんな時に使ってほしい機能が、この「片手モード」です。

設定アプリから切り替えると、画面が約4インチほどに縮小されるため、どんな人でも片手で楽々操作ができるようになります。

ダークカラーで疲れが軽減

ZenFone6のダークカラーモード

ZenFone6でも光調整ができますが、それでも長時間使っていると目が疲れてきます。

そんな時に使える機能が、この「システムカラースキーム」です。

こちらも設定アプリから、ライトからダークモードに変更するだけでOK!

画面が一瞬でダークモードで激変するため、目の疲れを抑えることができます。

ASUS ZenFone6の口コミや評判

ZenFone6を使っているユーザーの口コミをまとめてみました。

良い口コミと悪い口コミに分けて、私の感想と一緒に紹介します。

ASUS ZenFone6の良い口コミ

私の感想

口コミ通り、サクサク動くからストレスフリーです。

それにバッテリー持ちが良すぎるため、これには納得の一言!

私も最高で3日以上のバッテリー持ちを経験しました。

ASUS ZenFone6の悪い口コミ

私の感想

ZenFone6は、正直言うと端末価格が高すぎます。

それに防水とFelicaが未対応であるため、残念な点です。

しかし、CPUをはじめ高性能+フリップカメラ+便利機能を考えると、価格以上の価値があるため、むしろお得な機種だと思います。

ASUS ZenFone6がオススメの人

ZenFone6
コンシェルジュ
最後にZenFone6を使っても、後悔しない人を紹介します。
ズバリ!こんな人がおすすめ!
  • フリップカメラを使いたい方
  • 超綺麗な夜景を撮りたい方
  • カメラ機能にこだわっている方
  • サクサク動く機種を探している方
  • コスパに合ったハイエンドモデルを探している方

ASUS ZenFone6の購入先や価格

ZenFone6と外箱

ASUS ZenFone6は、端末本体のみ(SIMフリー)でも購入できるのですが、格安SIMと端末セットで購入した方が割引額が大きいため、とてもお得です。

各社さまざまなキャンペーンで端末セットも割引されますが、その中でもIIJmioでは端末の割引以外にも5,000円のギフト券も貰えるため、最も優遇される格安SIMとしてチェックしておきたいところです。

格安SIMと端末セットで購入する場合

コンシェルジュ
ASUS ZenFone6を扱っている格安SIM会社(MVNO)をまとめてみました!

端末セットは音声通話SIMとセットで契約することになります。

特に月額基本料金は端末代金以外にかかる費用になるため、比較しながら複数チェックしておくと良いと思います。

「おすすめ」と表示している格安SIMは、キャンペーンなどで端末代金が大幅に割引されています。
格安SIMの種類 音声通話SIM
(月額利用料金)
公式サイト
IIJmio
※おすすめ!
1,600円~  公式サイト
OCNモバイルONE 1,600円~  公式サイト
mineo 1,310円~ 公式サイト
LINEモバイル 1,200円~ 公式サイト
イオンモバイル 1,130円~ 公式サイト

端末本体(SIMフリー)のみで購入する場合

ASUS ZenFone6のSIMフリー端末は、6GB/128GBで約68,000円、8GB/256GBで約80,000円です。

購入時期や品質によっても値段が変わってきますが、ネットで購入すると安く入手できます。

\端末保証が付いてきます/

白ロムなどの中古品が中心です。

格安SIMや格安スマホをお探しの方

格安SIMの無料診断
格安SIMを特徴から探す


端末セットの格安SIMランキング

格安スマホランキング

アノ格安SIMのことがもっと分かる!

気になる格安SIMをクリックすると、まとめたページに進みます。

mineo(マイネオ)OCNモバイルONE楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)
LINEモバイルUQモバイルBIGLOBEモバイルTONEモバイル

ITが苦手な人でも乗り換えができます!

格安SIMの個別相談