TONEモバイルの通信速度は他社と違う!契約する前に確認しておこう

TONEモバイルの通信速度
すず
TONEモバイルの通信速度について悪い口コミを見ちゃったの…。

コンシェルジュ
TONEモバイルの通信速度は他社の通常プラン(高速通信)と比べると、やや遅いですね
すず
え!やっぱりそうだったんだ!
コンシェルジュ
その理由は、無制限プランということもあり、低速通信で抑えられています。

ただし、高速通信の利用も可能なんです!

すず
え!それじゃあ口コミは本当だけど、一部誤解もあるってことね。

というわけで、本日はTONEモバイルの通信速度は遅いと言われていますが、正直大丈夫なのか?

そんな疑問が頭の片隅にあり、引っかかっていると思います。

そこで当サイトでは、低速通信でもできることや高速通信の利用方法、さらに速度制限の問題についても合わせて解説していきます。

TONEモバイルの通信速度ってどのくらい?

TONEモバイルの通信速度はどのくらい?

TONEモバイルの通信速度は、公式サイトでも紹介されているように500~600kbpsになります。

一般的に格安SIM全体を見ると高速通信が主流であるため、TONEモバイルの通信速度はやや遅いと思われがちですが、実は他社の無制限プランを比べると平均的なスピードになります。

そのため、TONEモバイルだけが特別遅いわけではありません。

コンシェルジュ
無制限で利用できる格安SIMの通信速度と月額基本料金をまとめてみました。
  通信速度 月額基本料金
TONEモバイル 500~600kbps 月額1,000円
UQモバイル
(データ無制限プラン)
500kbps 月額1,900円
楽天モバイル
(ベーシックプラン)
200kbps 月額1,250円
月額基本料金に関しては、音声通話SIM(音声通話+データ通信が可能)の料金を記載しています。
すず
あ!本当だ!むしろ、他社よりTONEモバイルの方がちょっとだけ速いね。

他社と同じ無制限プランで通信速度もやや速く、それに月額基本料金もリーズナブルであるため、コスパも高いです。

だから、スマホをあまり使わないシニアの方にも人気がある格安SIMとして、注目されています。

TONEモバイルはシニア(高齢者)向き

TONEモバイルはシニア(高齢者)でも抜群に使いやすい!家族が安心できる7つの理由を教えるよ

2019年1月18日

500~600kbpsの低速通信でできること!

500~600kbpsの低速通信でできる
すず
低速通信でも使えるの?なんかスゴく不安なんだけど…。
コンシェルジュ
その心配もありませんよ!低速通信でもできることをまとめますね。
500~600kbpsの低速通信でも問題なし!
  • メールやLINEはOK!
  • やや表示が遅いがサイトの閲覧も可能!
  • LINE電話も問題なし!

メールやLINEの文字打ちはもちろん、スタンプの送信も問題ありません。

他にも、YAHOOなどの総合サイトはもちろん情報サイトも、体感的にやや遅いが閲覧することができます。

すず
サイトが見れるなら特に不便はないけど、何がダメなの?
コンシェルジュ
特にデータ容量を多く使うことが、不向きです。
500~600kbpsの低速通信ではちょっと不便…。
  • 動画は止まるため再生しにくい
  • ゲームも起動しにくい

例えばYouTubeなどの無料動画を見る場合、データを読み込む時間が長く、それに画質も落とさないと再生もしにくいです。

またGoogle Playからゲームアプリをインストールも可能ですが、起動はもちろんゲーム中も動作が遅いです。

すず
動画やゲームを存分に楽しむなら、ちょっと厳しそうね…。
コンシェルジュ
特に子供にゲームや動画をフィルタリングで制限して使わせるなら全く問題ないです。

しかし遊び道具として使わせるなら、ちょっと不向きと思います。

TONEモバイルのフィルタリング機能

TONEモバイルのフィルタリング機能は最強!親は子供のスマホ利用を徹底的に管理できるよ

2019年1月16日

\フィルタリングについて確認できるよ!/

高速チケットを利用すれば高速通信も可能!

TONEモバイルの高速通信

TONEモバイルは、500~600kbpsという低速通信ですが、高速通信が全くできないわけではありません。

Wi-Fi環境やオプションの高速チケットを利用すれば、1GB(端末セットなら月額300円、iPhone専用SIMなら月額445円)で、3Mbpsという高速通信を利用することができます。

すず
つまり5倍も通信速度がアップするじゃん!
コンシェルジュ
ただし、この高速チケットにも条件があるため、よく覚えておいて下さい。

高速チケットの利用時の注意点!

高速チケットの条件

高速チケットは、「31日間で10回のチャージ」という条件があります。

つまり、最大で10GBしか高速通信を楽しむことができません。

コンシェルジュ
ただし、この31日間の条件は月初から月末までといった期間でカウントされるわけでなく、月の途中からでも利用が可能です。
すず
それじゃあ、31日間を守れば月をまたいでもOKってことね。

他にも、高速チケットには有効期限があります。

31日以内に利用しないと無効になるため、利用する場合は期限に注意しないといけません。

TONEモバイルの速度制限は曖昧で存在する!

TONEモバイルの速度制限

TONEモバイルは低速通信で利用できる格安SIMですが、速度制限が存在します。

公式サイトに記載あり!

動画再生・アプリのダウンロードなど帯域を大量に占有する通信は、公平性を担保するため制限を行います。

【参照】利用量を超えた場合の速度制限について

すず
なんかモヤっとしているけど、確かに「制限」って書いているわ。
コンシェルジュ
具体的な速度制限の数値が記載されていないものの、少なからず存在はします。

実際にどのくらい通信速度が制限されてしまうかは不明ですが、なんからの理由で通信速度が遅くなることは事実です。

環境やデータ使用量にもよりますが、口コミなどによれば200kbpsまで制限された報告もあります。

だから、速度制限にならないためにもWi-Fiなどを使ってうまく回避して利用すると良いと思います。

TONEモバイルは無制限で利用できるが低速通信を忘れずに!

TONEモバイルは無制限で利用できるが低速通信

TONEモバイルはデータ通信を無制限で利用できるものの、通信速度が500~600kbpsの低速通信です。

しかし他社の無制限プランと比較しても平均的であるし、それに全く使えないわけではありません。

また、オプションの高速チケットやWi-Fi環境を利用すれば高速通信を楽しむことができるため、低速通信の対策もできます。

だから、低速通信を理解したうえで、TONEモバイルを契約するとよいと思います。

\無制限プランをもっと確認できるよ!/

格安SIMや格安スマホをお探しの方

格安SIMの無料診断
格安SIMを特徴から探す


端末セットの格安SIMランキング

格安スマホランキング

アノ格安SIMのことがもっと分かる!

気になる格安SIMをクリックすると、まとめたページに進みます。

mineo(マイネオ)OCNモバイルONE楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)
LINEモバイルUQモバイルBIGLOBEモバイルTONEモバイル