格安SIMを契約するならネットと店舗どっちがいいのか?おすすめを紹介するよ!

格安SIMを契約するなら店舗?ネット?
すず
最近、格安SIMの店舗って増えたよね?
コンシェルジュ
そうですね。以前に比べると格安SIM会社(MVNO)独自のアンテナショップも増えて、より身近になりましたね。
すず
近所にも店舗が出来たから、来店して契約しようと思うけど、ネット契約と違いってあるのかな?
コンシェルジュ
正直言いますと、店舗契約とネット(WEB)契約ではメリットとデメリットが全然違うから、大きく変わります!
すず
え!マジ?とうしよう…。なんだか迷ってきたわ。ちょっと詳しく教えて欲しいんだけど?
コンシェルジュ
分かりました!それでは店舗契約ととネット(WEB)契約をどっちにすればいいか分かるように詳しく解説し、最後におすすめも紹介しますね。

格安SIMを契約できる方法は大きく2つ!

格安SIMを契約できる場所

格安SIMを契約できる方法としてはネット契約と店舗契約がありますが、さらに契約できる場所となると、大きく3つに分かれてきます。

格安SIMを契約出来る場所
  • ネット契約
  • 専用カウンター(独自店舗)
  • 大手家電量販店など

この3つの契約できる場所は、格安SIMの種類によって変わってきますが、ネット契約であればインターネットが繋がっている環境であれば、いつでもどこでも契約することができます。

また、専用カウンター(独自店舗)や大手家電量販店などであれば、全国に店舗が存在するため、来店することで契約ができます。

コンシェルジュ
特に大手家電量販電では、格安SIMコーナーを設置しているなど、複数の格安SIMを扱っています。
すず
あ!それ見たことあるわ。

ネット契約する場合

格安SIMのネット契約

格安SIMをネットから契約する場合は、インターネットさえ繋がっていればパソコンはもちろんスマホやタブレットからでもOK!

格安SIM会社(MVNO)の公式サイトにアクセスすれば、簡単にプラン選びはもちろん、対応機種やSIMカードのサイズなどもチェックすることができ、契約もすることができます。

それに新規契約はもちろん、変更手続きや故障や修理サービスの依頼、さらに解約手続きなども、ネット(WEB)さえあれば簡単に手続きも行うこともできます。

またネット契約の場合、契約できない格安SIMの種類がないため、自分の好きな種類を選ぶこともできます。

コンシェルジュ
最近では店舗よりもネット(WEB)から契約する方が増えています。
すず
私の周りでも、ネット契約した人がいるから納得!やっぱり便利よね、 

ネット契約する場合の手順

ネット契約する場合の手順
  1. ネットで申込(SIMカードもしくは端末セットの購入)契約
  2. 設定
  3. 開通

格安SIMのネット契約といっても、ネット通販と同じく大きな違いはありません。

ネット(WEB)で自分に合った格安SIMを選び、手続きをして契約します。

その後、後日商品(SIMカードもしくは端末セット)が届くため、自分で設定することで開通することができます。

コンシェルジュ
ネット(WEB)から手続きといっても、特別難しいことはないため、誰でも申込はできます。
すず
普段からネット通販を利用していたら、特別難しくはないわね。

ネット契約で必要な物

ネット契約で必要な物
すず
ところでネット契約で手続きする場合、必要なものってあるの?
コンシェルジュ
実は、ネット契約といっても店舗と同じ物が必要です。
ネット契約で必ず必要な物
  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • MNP予約番号(電話番号を移動する場合)

本人確認書類は身分証明書として必要であり、免許証などをスマホで撮って送信します。

また格安SIM会社(MVNO)では、クレジットカード払いが定番であるため、1枚用意しておくと手続きが楽です。

他に、格安SIM会社(MVNO)との連絡や手続きをするためにメールアドレスが必要になります。

コンシェルジュ
ネット契約は契約する場所が変わっただけであり、店舗契約と手続きは同じになります。
すず
手続きが同じなら、安心したわ

店舗契約する場合

格安SIMが購入できる店舗

格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアと同じように、店舗契約ができます。

そして取扱店も幅広く、主に専用カウンターがある直営店(独自店舗)と大手家電量販店などに分かれてきます。

特に家電量販店は全国展開している有名企業が取り扱っているため、格安SIMも購入しやすくなりました。

すず
例えばどんな店に行けば、格安SIMがあるのかな?
コンシェルジュ
複数あるから、ザッとまとめて紹介しますね。
格安SIMを契約できる主な店舗
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ケーズデンキ
  • イオンモールなど
すず
あ!私の近所にもある家電量販店だわ♪

店舗契約できる主な格安SIM会社(MVNO)

店舗契約できる主な格安SIM会社

格安SIMはネット契約と違い、店舗契約をする場合は一部の種類しか契約することができません。

特にマイナーな格安SIM会社(MVNO)は、店舗では扱っていないため、注意です。

逆にCMやネット広告などを行っている有名な格安SIM会社(MVNO)であれば、問題なく契約することができます。

コンシェルジュ
こちらも表でまとめているため、チェックしてみて下さいね。
格安SIM会社
(MVNO)
直営店
(専用カウンター)
家電量販店
ワイモバイル OK OK
UQモバイル OK OK
楽天モバイル OK OK
mineo
(マイネオ)
OK OK
OCNモバイルONE NG OK
LINEモバイル NG OK
IIJmio
(みおふぉん)
NG OK
BIGLOBEモバイル NG OK
イオンモバイル OK OK
※イオンモール
TONEモバイル OK NG
すず
一部の格安SIMは直営店もあるけど、基本的に家電量販店に行けばすべて契約できそうね。
TONEモバイルの取扱店舗

TONEモバイルの取扱店舗が一覧で丸分かり!もし近所に無くても別の手続き方法を紹介するよ

2019年1月20日
mineo(マイネオ)名古屋ショップ

mineoショップ名古屋店で聞き込み!店舗で手続きすべき人はどんな人?

2018年6月18日

店舗契約する場合の手順

店舗契約する場合の手順
  1. 来店
  2. SIMもしくは端末セットの購入(契約)
  3. 開通

格安SIMの店舗契約は、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアと同じく、専用カウンターで専門スタッフと対面しながら手続きを進めていきます。

それに設定に関しても、専門スタッフがやってくれるところが多く、自分でやる必要がありません。

そのため、店舗契約=開通と思ってもらえば分かりやすいと思います。

コンシェルジュ
ただし、設定は有料になることもあるから、注意して下さいね。
すず
店舗契約なら、対面で安心だわ♪

店舗契約で必要な物

店舗契約で必要な物
ネット契約で必ず必要な物
  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • MNP予約番号(電話番号を移動する場合)

本人確認書類は身分証明書として必要であり、免許証などを持参すれば大丈夫です。

また格安SIM会社(MVNO)では、クレジットカード払いが定番であるため、1枚用意しておくと手続きが楽です。

他に、格安SIM会社(MVNO)との連絡や手続きをするためにメールアドレスが必要になります。

コンシェルジュ
店舗契約とネット契約も手続きは同じだから、特別変わった物を用意する必要はありません。
すず
必要な物は一般的なものばかりね。

ネットと店舗では違いあり!手続き以外の特徴は何?

ネット契約も店舗契約も、手続きそのものは同じです。

しかし、特徴を比較してみるとメリットはもちろんデメリットもあるため、手続きする場所をよく考えてから選ばないといけません。

コンシェルジュ
特に初期費用などが大きく変わるから、ここの項目は重要ですよ!
すず
何!?初期費用?それは要チェックだわ。

ネットで契約する場合のメリットとデメリット

ネットで契約する場合のメリットとデメリット
コンシェルジュ
まずはネット契約のメリットとデメリットをザッと紹介しますね。
ネットで契約する場合のメリット
  • 初期手数料(パッケージ料金)が大幅に割引できる
  • すべてのプランが契約できる
  • 24時間手続きが可能
  • 待ち時間がないから時間がない人でもOK
  • 自宅で簡単に申込みができる
ネットで契約する場合のデメリット
  • 自分ですべての手続きを進める必要がある
  • パソコンやスマホ操作の知識がやや必要
  • 事前に格安SIMの知識が必要

ネット契約の最大ののメリットとしては初期手数料を大幅に節約できることです。

通常、格安SIMの初期手数料は約3,000円になります。

しかしネット契約をすると、エントリーパッケージを購入するだけで、初期費用が割引されます。

さらにキャンペーンなどを適用すれば、無料になることもあります。

すず
マジで無料?これは大きいよね。
コンシェルジュ
他に初期費用以外にも、自分の都合に合わせて契約ができます。
休憩時間に格安SIMをネット契約

ネット契約は、店舗契約と違って営業時間がありません。

24時間365日OKだから、どんなに忙しい人であっても、ネット環境さえあれば契約することができます。

それに、店舗と違って待ち時間もないからストレスフリーです。

すず
大手携帯会社みたく待ちたくないから、これは助かるわ♪
コンシェルジュ
ただし、自分で手続きをする責任もあるから注意して下さいね。

ネット契約であるので、最低限のパソコンやスマホ操作が必要になります。

普段から慣れている人であれば問題ないですが、機械操作が苦手な方はちょっと戸惑うかもしれません。

また適切なプラン選びやSIMカード選ぶため、ある程度の格安SIMの知識が必要であり事前にチェックしておく必要があります。

間違ったプランやSIMカードを選んでしまっても自己責任であるので、よく勉強してから契約しなといけません。

コンシェルジュ
ネットは対面手続きではないですが、申し込み時にチャット対応(一部の格安SIMのみ)などもできます。
すず
チャット対応なら、LINEと同じ感覚で相談できるね。
コンシェルジュ
それに格安SIM会社(MVNO)には、オペレーターによる電話やチャット、メールなどのお問い合わせを事前にできます。

そのため、いつでも疑問や悩みを相談することができます。

すず
事前に疑問を解決しておけば、デメリットも大丈夫そうね。

店舗契約する場合のメリットとデメリット

店舗契約する場合のメリットとデメリット
コンシェルジュ
店舗契約する場合でもメリットとデメリットが複数あるから、まずは確認して下さいね。
専用カウンターで契約する場合のメリット
  • 専門のスタッフに疑問を相談できる
  • 専用ポイントも同時に貰える(家電量販店の場合)
  • 対面であるから手続きが安心
  • 端末セットで契約する場合、実機を試すことができる
  • 設定をやってくれることもある
  • 即日開通が可能
専用カウンターで契約する場合のデメリット
  • 初期手数料(契約事務手数料)が約3,000円発生する(一部のキャンペーンが対応不可)
  • 営業時間内に行く必要がある
  • 混雑することがある
  • 一部のプランが対応しておらず契約できない
  • アフターサービスがない(修理サポートなど)

店舗契約の最大のメリットとしては、専門スタッフと対面式であるため、プランやSIMカード選びなどを1つ1つ相談し確認しながら契約ができます。

そのため、少しでも疑問があれば聞くことができるため、即時に問題を解決することができます。

また、ネット契約と違い商品(SIMカードや端末セット)の在庫があれば、即日で開通することができます。(MNPもOK)

だから、すぐに乗り換えたい方は助かります。

すず
時間がない人なら、即日開通は本当に助かるわね。
コンシェルジュ
ただ、肝心な初期手数料の問題があるから、気をつけて下さい。
格安SIMの手数料で困る

店舗契約の場合、必ずスタッフが手続きを行うこともあり、初期手数料の約3,000円が100%発生します。

これはどの格安SIM会社(MVNO)でも同じであり、キャンペーンを除いて必ず支払わないといけません。

すず
3,000円かあ…。これはしょうがないのかな…。
コンシェルジュ
それに待ち時間についてもよく覚えておいて下さい。

専用カウンターや家電量販店に来店する方は、新規契約だけではありません。

すでに既存ユーザーが、プランやコース変更などの契約変更や解約手続きといったことで来店される方もいます。

そのため来店者が多ければ自然と待ち時間が発生し、店舗や時期によっても変わりますが、運が悪いと1時間以上待つこともあるため、注意しましょう!

コンシェルジュ
もし待ち時間が嫌な方は、店舗によっては予約システムがあるから利用するとよいです。
すず
店舗契約する時は、待ち時間も考えないといけないね。

【結論】最もお得に格安SIMを契約するならネット(WEB)で決まり!

格安SIMを契約するならネット契約

有名な格安SIM会社(MVNO)の多くは、ネット契約と店舗契約を対応しています。

どちらも手続きは同じですが、メリットとデメリットが大きく変わるため、2つの違いを理解しておくことが大事です。

店舗契約であれば、専門スタッフと相談できるし場合によっては初期設定も行ってくれるため楽です。

しかし、ネット契約でも電話やメール、チャットでお問い合わせができるし、初期設定も公式サイに掲載しています。

それに、何よりも初期手数料の割引が適用されるから、お得です。

すず
初期手数料が安くなるなら、ネット契約が一番ね♪

ネット契約がおすすめ!格安SIMはコレだ

mineo(マイネオ)mineo(マイネオ) 料金 データ通信容量 回線の種類
700円~ 500MB~

ドコモ
au
ソフトバンク

初期手数料無料や月額利用料金の割引といったキャンペーンを頻繁に行っています。
またmineo独自のサービスとしてパケットを無料で貰えるから、何かとお得です。
それに初心者にも優しいマイネ王と呼ばれるコミュニティサイトがあるから、疑問や悩みも一発で解決することができます。

OCNモバイルONEOCNモバイルONE 料金 データ通信容量 回線の種類
900円~ 110MB/日~ ドコモ
初期手数料の割引やアマゾンギフト券のプレゼントといったキャンペーンが随時開催しています。
プランの種類も日と月でデータ容量を選ぶことができるため、初心者でもピッタリなプランを選びやすいです。
他にもかけ放題が3種類あるため、通話定額を付けたい方にもおすすめです。

UQモバイルUQモバイル 料金 データ通信容量 回線の種類
980円~ 3GB~ au
キャッシュバックが他社より多く貰えるためお得!
10,000円以上は確実にゲットできます。
通話定額がセットとなったプランもあるため、通話代も同時に節約できます。
それに通信速度が速いから乗り換えても違和感がありません。

コンシェルジュ
他に格安SIMを特徴から選ぶ方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。
特徴からおすすめの格安SIMを探す

【2019年度版】格安SIMを特徴から探す!おすすめの種類がランキングで分かるよ

2018年9月30日

格安SIMや格安スマホをお探しの方

格安SIMの無料診断
格安SIMを特徴から探す


端末セットの格安SIMランキング

格安スマホランキング

アノ格安SIMのことがもっと分かる!

気になる格安SIMをクリックすると、まとめたページに進みます。

mineo(マイネオ)OCNモバイルONE楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)
LINEモバイルUQモバイルBIGLOBEモバイルTONEモバイル

ITが苦手な人でも乗り換えができます!

格安SIMの個別相談