mineoは複数回線や2台目の契約もOK!eoIDを考えて割引や独自サービスをうまく活用しよう!

mineoは複数回線や2台目の契約
すず
mineo(マイネオ)で2台目の契約をしたいけど、割引ってされるかな?
コンシェルジュ
はい、大丈夫ですよ!mineo(マイネオ)では複数回線割引や家族割引が適用されます。
すず
複数回線割引?家族割引?割引って1つじゃないの?
コンシェルジュ
mineo(マイネオ)の場合、複数回線契約でもeoIDと呼ばれる管理IDが同じか異なるかによって、割引の種類が変わります。

mineo(マイネオ)では、家族同士が複数回線を契約したり、同一人物が2台目を契約する場合、eoIDを統一もしくは分散が可能です。

しかし、このeoIDの選択方法によって、割引はもちろんmineo(マイネオ)の独自サービスの種類などが少し変わります。

そこであなたが損をしないためにも、eoIDの最適な活用方法について紹介していきます。

mineo(マイネオ)で契約する複数回線の条件は何?

mineo(マイネオ)と複数回線の条件

mineo(マイネオ)では複数回線ができるものの、無制限で契約できるわけではありません。

大きく2つの条件があるため、家族同士で複数回線する場合や同一人物が2台目を持つ場合は、条件をしっかりと理解しておく必要があります。

同一名義で5回線まで契約が可能!

mineo(マイネオ)の同一名義で5回線まで契約

mineo(マイネオ)の場合、契約時の名義人が同じであれば最大で5回線まで契約することができます。

これは年齢制限もなく、18歳未満も対象、それに姓が違ってもOKです!

例えば、家族の場合であれば父親が名義人となり母親や子供を利用者登録することで、同一名義で契約することができます。

家族割引の適用条件とされ、三親等までの家族が対象になります。

コンシェルジュ
家族割引がすべての回線で適用され、月額利用料金から50円割引されるため、とてもお得なサービスです。
すず
5回線契約していれば、最大で毎月250円も割引されてラッキーね。

同一住所で契約できる回線は最大で10回線までOK!

mineo(マイネオ)の同一住所で契約できる回線は最大で10回線

5人以上の家族全員がmineo(マイネオ)を契約することもあると思います。

mineo(マイネオ)では、同一住所であれば10回線まで契約することができ、複数回線割引としてが適用され月額利用料金から50円割引できます。

例えば父親、母親、兄、弟、姉、娘といった感じで全員が契約できますが、さきほど紹介したように同一名義であれば5回線まではOKですが、6回線目からは条件が外れます。

この場合、家族のうち1人だけ(例:母親だけ)を新たに名義人として契約すれば、同一住所でも契約することができます。

このように同じ住所でも、名義人が違う場合(母だけ)が家族割引が優先的に対象(3親等までOK)され、父親、兄、弟、姉、娘の5人は複数回線割引の対象になります。

このように契約回線数が多くなったとしても、mineo(マイネオ)では家族割引と複数回線割引の組み合わせが可能になります。

すず
家族割でも複数回線割と同じように50円割引されるから、ラッキーね♪
コンシェルジュ
ちなみに、1人で家族割引と複数回線割引の同時適用はできないから注意して下さいね。

\家族同士や同一人物の2台目もOK!キャンペーンも開催中/

家族同士の複数回線や同一人物の2台目の契約方法は要注意!

家族同士の複数回線や同一人物の2台目の契約方法

家族同士が複数回線したり、同一人物が2台目を契約する場合でも、mineo(マイネオ)では必ずeoIDと呼ばれ管理IDを作成する必要があります。

このeoIDを基準に、さまざまなサービスの適用条件として利用できるのですが、作成するにあたって1つ知っておいて欲しいことがあります。

mineo(マイネオ)のeoID

それは、家族同士の複数回線や同一人物の2台目は同じeoIDを契約することもできるし、異なるeoIDを使って契約することができます。

特に、家族同士であれば異なるeoIDを作成することは自然だと思います。

しかし、同一人物でも異なるeoIDを作成することは禁止されていません。

すず
え!そんな方法があったとは知らなかったわ。
コンシェルジュ
実はこのeoIDが、mineo(マイネオ)のサービスの大きな鍵になります。

eoIDの違いから分かる!対象サービスの種類が変わる

eoIDの違いで受けれるサービスが変わる

mineo(マイネオ)には、パケットの繰越(パケットシェア)や家族割や複数回線割といった月額利用料金を割引できるサービスがあります。

他にも、初期費用(事務手数料)を割引できるエントリーパッケージの利用や独自サービスとして指定した相手にパケットを贈れるパケットギフトや、マイネオユーザーからの寄付で貯まったパケットを貰えるフリータンクがあります。

すず
mineo(マイネオ)はこの独自サービスが最大の魅力ね。
コンシェルジュ
実はこのような嬉しいサービスは、eoIDが同じ場合と異なる場合では受けれるサービスがほんの少し違います。まずは表をご覧下さい。
  eoIDが同じ場合 eoIDが異なる場合
パケットギフト OK
※最大で9,990MBまでOK
※贈り先と贈り元が同一は不可
OK
※最大で9,990MBまでOK
パケットシェア OK
※翌月分に余りが繰り越し

OK
※翌月分に余りが繰り越し

フリータンク OK
※同一のeoIDに最大1GB/月

OK
※各eoIDに最大1GB/月

家族割 NG

OK
※月額利用料金が50円割引
複数回線割 OK
※月額利用料金が50円割引
NG

エントリーパッケージの利用 OK OK

一番注意して欲しいサービスは、パケットギフトです。

以前は、同一eoIDではパケットギフトの利用ができませんでしたが、規約が変更され可能になりました。

ただし、贈り先(例:AさんのA端末)と贈り元(例:AさんのA端末)が同じであるとパケットギフトを贈ることができません。

つまり、1人パケットギフト(自分自身でパケットを贈る)は不可能であり、家族同士など他人に贈ることが前提条件となります。

だから、自分自身にパケットギフトを贈りたい場合は、異なるeoIDを作成した方が良いです。

【参考】mineo(マイネオ)のパケットギフトの対象者の図

すず
同じeoIDだと自分自身はダメなんだ…、残念。
コンシェルジュ
あくまでもmineo(マイネオ)では贈り物(他人に贈る)という考えが基本です。

eoIDが複数ある場合のメリット

eoIDが複数ある場合のメリット

eoIDが異なる場合は、パケットギフトの制約がなくそれに期限がないことも魅力の1つです。

例えば、1月に繰越したパケットを2月に交換します。

一度交換したパケットはその月のパケット対象となるため、もし2月に使いきることができなくても、3月に繰越ことができます。

つまり、マイネオユーザーの間では無限繰越と呼ばれ、無限にパケットを延長できる嬉しいサービスなのです。

すず
無限繰越って魅力すぎ!
コンシェルジュ
データ通信をあまり使わない方でも、一番安い500MB/月プランでこのパケットギフトをうまく活用すれば不自由なく使うこともできます。

eoIDが複数ある場合のデメリット

eoIDが複数ある場合のデメリット

eoIDは、主に管理画面のログインやmineoスイッチと呼ばれる専用アプリで使うことが多く、意外にも使用頻度が高いです。

特にmineoスイッチでは高速通信の切替(ターボ機能のON・OFF)やパケットの残容量を確認する時に使います。

そのため、複数のeoIDをもっていると当然2つのIDとパスワードを覚える必要があり、管理がやや手間がかかります。

すず
2つのeoIDとパスワードを覚えるのはちょっと面倒臭いね…。
コンシェルジュ
もし3つのeoIDを持っている場合は、当然3つのIDとパスワードを覚えないといけません。

mineo(マイネオ)の申し込み方法 ※新規eoIDの作成方法編

mineo(マイネオ)で新規eoIDの作成方法

家族同士の複数回線や2台目を契約する場合、新規eoIDを作成して契約したい方もいると思います。

コンシェルジュ
ここからは、新規eoIDを使った申し込み方法を紹介します。

mineo(マイネオ)で新規eoIDを申し込む場合の画面

mineo(マイネオ)の公式サイト内にある新規申し込みを探します。

新規にeoIDを作成する場合は、「mineoを新規に申し込みをされる方」をタップします。

後はプラン選びやオプション、SIMカードのサイズ選択、契約者の情報、クレジットカードの入力(同じでもOK)などを入力して進めばOK!

すず
最初の申し込み選択さえ間違えなければよさそうね。
コンシェルジュ
ただし、1つメールアドレスの登録は注意点があります。
メールアドレスの入力だけは注意!

メールアドレスもeoIDごとに使いわけないといけません。

そのため、新規eoIDで使うメールアドレスも新規で登録します。

このメールアドレスは何でも良いため、GmailやYAHOOメールといったフリーメールでもOKです。

すず
ここは重要なポイントね。
コンシェルジュ
他にも紹介キャンペーンも1つ注意点があります。

紹介キャンペーンを利用する場合は、自分から自分への紹介はできないため、必ず違う名義人の紹介URLから申し込むようにして下さい。

そうしないとキャンペーンの対象から外れることになります。

コンシェルジュ
18歳未満の未成年を申し込む場合は、少し手続き方法が異なります。

申し込み画面が違うため、下記の記事も参考にしてみて下さい。

18歳未満の未成年もmineo(マイネオ)と契約可能

mineoは18歳未満の未成年も契約できるけど親は注意点もよく知っておこう!

2018年6月11日

mineo(マイネオ)では家族同士の複数回線や同一人物の2台目の契約もお得に利用できる!

mineo(マイネオ)の複数回線や同一人物の2台目の契約は別のeoIDがお得

mineo(マイネオ)は家族同士の複数回線や同一人物の2台目の契約も可能であり、どちらも月額利用料金が50円割引されます。

またパケットシェアやフリータンク、さらにパケットギフトに関しても、どちらも利用が可能になりました。

だからeoIDが同じでも異なる場合でも、mineo(マイネオ)の独自サービスはどちらも問題なく利用できます。

ただ、mineo(マイネオ)公式サイトでは異なるeoIDの作成を勧めているため、eoIDを分けて契約した方が安心だと思います。

すず
これで、疑問がスッキリ解決できたわ♪
コンシェルジュ
eoIDが違っても、最新のキャンペーンも対象者になるから、よかったらご覧下さいね。

\家族同士や同一人物の2台目もOK!キャンペーンも開催中/

格安SIMや格安スマホをお探しの方

格安SIMの無料診断
格安SIMを特徴から探す


端末セットの格安SIMランキング

格安スマホランキング

アノ格安SIMのことがもっと分かる!

気になる格安SIMをクリックすると、まとめたページに進みます。

mineo(マイネオ)OCNモバイルONE楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)
LINEモバイルUQモバイルBIGLOBEモバイルTONEモバイル

ITが苦手な人でも乗り換えができます!

格安SIMの個別相談