ズバリ!LINEモバイルのおすすめのプラン選びはコレで決まり

LINEモバイルのおすすめのプラン選び
すず
LINEモバイルって、なかなかよさそうね♪

でも、どのプランを選べないいか分からないの…。

コンシェルジュ
LINEモバイルのプランはどれも魅力的だから、1つに絞るとなるとなかなか難しいですよね。
すず
そうなの!特に3つのプランもそうだけど、データ容量の選び方も悩んでいて…。
コンシェルジュ
プランとデータ容量の組み合わせが色々できるから、確かに悩みますよね。

それにはじめてのことだから、慎重になっちゃうのも無理もありません。

すず
なんかいい方法ってないかな?おすすめプランとかあるの?
コンシェルジュ
分かりました!それでは自分に合ったプランを見つけて頂くために、特徴からプランの違い、それにおすすめのプランも合わせて紹介しますね。

LINEモバイルの3つのプランの特徴

LINEモバイルのプラン選び

LINEモバイルには大きく3つのプランがあります。

1つが月額500円から気軽に始めることができるLINEフリープラン。

2つ目がLINEやTwitter、Facebook、それにInstagramとった主要なSNSのデータ容量が消費されず、楽しめことができるコミュニケーションフリープラン。

最後にSNS以外にLINE MUSICといった音楽も存分に楽しめるMUISIC+プランに分かれてきます。

どのプランも標準でカウントフリーが付いてくる(対象サービスのデータが消費されない)から、他の格安SIMとは一線を引いた特別なプランで魅力的です。

またドコモ回線とソフトバンク回線が用意されており、自分の端末に合わせて選ぶことができます。

それに最近ではソフトバンク回線が加わり、全プランで高速通信が重視され注目されています。

コンシェルジュ
3つのプランを簡単にまとめてみました。

なおドコモ回線とソフトバンク回線いづれを選んでも、料金やサービス内容は共通になります。

LINEモバイルのプランを表でまとめ
コンシェルジュ
SIMカードの種類を簡単に説明しますね。

音声通話SIMは通話とデータ通信、SMSが可能!

データ通信SIM(SMS付)はデータ通信とSMSが可能!

データ通信SIMはデータ通信のみ可能です!

すず
なんか3つのプランを比べると、余計に悩んじゃうわ~
LINEモバイルを使う

まず、3つのプランを比べた時に最も大きな違いはというと、カウントフリーの対象範囲が変わってきます。

表を見ても分かるようにLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランという順にカウントフリーの対象範囲が広がります。

当然、利用できるサービス範囲が広がるため、それに合わせて月額利用料金もアップしてきます。

すず
LINEフリープランとMUSIC+プランを比べたら、最大で3倍も料金が違うんだね~

また、サービスタイプ(SIMカードの種類)において、3つのプランで違いがあります。

LINEフリープランでは、音声通話SIM、データSIM(SMS付・なし)の3種類のSIMカードが選べるため、自分に合ったサービスタイプを選ぶことができます。

しかし、コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランでは、データSIM(SMSなし)という方法ができないため、SIMカードの選び方でやや制限があります。

すず
なんとなく3つのプランの違いが分かったけど、1つ1つ詳しく教えてくれる?
コンシェルジュ
分かりました!それでは各プランを料金別に詳しく紹介していきますね。

LINEフリープランについて

LINEフリープラン

LINEフリープランは、LINEアプリのみカウントフリーであるため、とても分かりやすいですが、料金も至ってシンプルです。

データ容量の選択も、1GBのみになります。

そのため、LINEフリープランで選ぶポイントはサービスタイプ(SIMカードの種類)だけでOKです。

コンシェルジュ
各料金はこんな感じです。
容量 サービスタイプ(SIMカードの種類)
音声通話SIM データSIM(SMS付) データSIM
1GB 月額1,200円 月額620円 月額500円

ちなみに、データ容量1GBはどのくらいかというと、LINEやメールが中心で、たまにネットを見る方であれば全く問題ありません。

むしろ、LINEフリープランではLINEがカウントフリー対象であるため、データ容量が余ることもあります。

だから、スマホをSNS中心で使う方は、データ容量1GBでも十分使うことができます。

LINEフリープランはこんな人がおすすめ
  • LINEやメール中心でネットをほとんど見ない人
  • 2台目のサブ端末として使いたい人
  • 日本に短期滞在している人
  • スマホやLINEデビューの人
すず
つまり、スマホをあまり使わない人や2台目で使うなら最適なプランってことね。

コミュニケーションフリープランについて

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランは、LINEフリープランよりカウントフリーの対象範囲が広がるということもあって、データ容量を選ぶ範囲も複数になります。

それに音声通話SIMとデータSIMによって料金が変わり、やや複雑になります。

コンシェルジュ
表を見ると各料金の違いが分かるため、まずはサクッと確認してみましょう!
容量 サービスタイプ(SIMカードの種類)
音声通話SIM データSIM(SMS付)
3GB 月額1,690円 月額1,110円
5GB 月額2,220円 月額1,640円
7GB 月額2,880円 月額2,300円
10GB 月額3,220円 月額2,640円

音声通話SIMとデータSIM(SMS付)の料金の差は580円です。

この金額は、コミュニケーションフリープランに限らずLINEフリープランやMUISIC+プランでも同じになります。

すず
3GBってどのくらいなんだろう?私には多いのかな?

一般的に1ヶ月に使うデータ通信は3GBと言われています。

毎日ネットを見ていて、たまにYouTubeなどの動画を見るなら丁度良いです。

他にも、ネットサーフィンが中心でメールやLINEも使う方も丁度良いデータ容量になります。

コンシェルジュ
データ容量をどれを選べがいいか分からない場合は、とりあえば10GBで契約してみて様子をみるのもアリです。

LINEモバイルの初月の月額利用料金は無料であるから、料金が高いプランを選んでも損はしません。

そしてある程度1ヶ月使うデータ容量が分かったら、月末にプラン変更をすることで、翌月から自分に合ったプランに合わせることもできます。

コミュニケーションフリープランはこんな人がおすすめ
  • LINEやTwitterなどのSNSをよく使う人
  • 毎日ネットを見る人
  • たまに動画を見る人
すず
SNS好きにはコミュニケーションフリープランは最高ね

MUSIC+プランについて

MUSIC+プラン

MUISIC+プランは、主要なSNSはもちろんLINE MUISICといった音楽までカウントフリーの対象です。

そのため、全プランの中で最も料金が高くなります。

また選択できるデータ容量はコミュニケーションプランと同じです。

しかし、LINE MUSICがカウントフリーで対象となるため、300~700円ほど割高になります。

コンシェルジュ
こちらも、まずはまとめた料金表をチェックしてみて下さい。
容量 サービスタイプ(SIMカードの種類)
音声通話SIM データSIM(SMS付)
3GB 月額2,390円 月額1,810円
5GB 月額2,720円 月額2,140円
7GB 月額3,280円 月額2,700円
10GB 月額3,520円 月額2,940円
すず
ここでも、データ容量の選び方が鍵となりそうね。

MUISIC+プランでは、LINE MUSICがカウントフリー対象となるため、データ通信が特別かかるわけではありません。

そのため、音楽をよく聞いても少し高めのデータ容量を選ばなくてもOKです。

問題は、カウントフリー対象外のデータ通信をどのくらい使うか?これが鍵となります。

コミュニケーションプランで説明したように、毎日ネットを見て、たまに動画を見るなら3GBで丁度良いです。

もし動画を毎日見るのであれば、7GBや10Gbが適しています。

すず
データ容量は3GBが一般的、7GBや10GBはヘビーユーザー用ってことね。
コンシェルジュ
データ容量をどれを選べがいいか分からない場合は、とりあえば10GBで契約してみて様子をみるのもアリです。

LINEモバイルの初月の月額利用料金は無料であるから、料金が高いプランを選んでも損はしません。

そしてある程度1ヶ月使うデータ容量が分かったら、月末にプラン変更をすることで、翌月から自分に合ったプランに合わせることもできます。

MUISIC+プランはこんな人がおすすめ
  • SNSだけでなくLINE MUISICを楽しみたい人
  • 毎日ネットを見るだけでなくLINE MUISICも使う人
すず
LINE MUISICを楽しむなら、文句なしでMUISIC+プランで決まりね♪

プラン変更したい場合はいつでもできる

プラン変更したい場合

LINEモバイルを契約したけど、やっぱり別のプランにしとけばよかった…。

もしかしたら、契約後に思うかもしれません。

でも、LINEモバイルは、プラン変更はいつでもOKです。

前月にプラン変更の手続きをすれば、翌月から変更することができます。

これは前月1日でも31日に手続きをしても、翌月の1日からプラン変更できます。

たたしプラン変更といっても、すべてのプランが変更できるわけではありません。

サービスタイプ(SIMカードの種類)を飛び越えたプラン変更は行うことができませんのて注意です。

コンシェルジュ
(例)音声通話SIM → データ通信SIMのプラン変更は不可です。その逆も同じです。

もし、サービスタイプを飛び越えたプラン変更を行いたい場合は、一度LINEモバイルを解約しないといけないから、最初の申し込みが大事です。

すず
サービスタイプさえ間違えなければ、いつでもプラン変更ができるってことね。それなら安心だわ。

LINEモバイルのオプションって何があるの?

LINEモバイルのオプションって何があるの?

LINEモバイルには他社と同じようにかなり多くのオプションが用意されています。

ドコモ回線とソフトバンク回線によって種類や料金が変わりますが、基本的に強制ではありません。

そのため、自分の都合に合わせて追加すればOKです!

コンシェルジュ
回線ごとにオプションの種類や料金を一覧表でまとめてみました。

必要な方はサクッと確認しておきましょうね。

オプションの種類 月額利用料金
ドコモ回線 ソフトバンク回線
10分電話かけ放題 880円 880円
端末保証(LINEモバイル端末) 450円 450円
端末保証(他社のモバイル端末) 500円 500円
Wi-Fi 200円 200円
ウィルスバスター 420円 420円
LINE MUSIC 500円 500円
フィルタリング 無料 無料
留守番電話 300円 無料
留守番電話プラス 300円
割込通話 200円 200円
グループ通話 200円
ナンバーブロック 100円
通話明細 100円 100円
転送電話 無料 無料
国際電話 無料 無料
国際ローミング 無料

一部のオプションは、無料で利用できるものがあります。

実際に使わなくても損はしないため、念のため追加してもOKです。

個人的には、フィルタリングサービスは無料でお得と感じます。

他社では有料であるから、お子さんが利用するなら是非加入しておきたいものです。

すず
オプションは必要なら追加すればいいのね。

全プラン共通!LINEモバイルはココがおすすめ!

LINEモバイルのスゴイところ

LINEモバイルは、カウントフリーの対象範囲以外のサービスはすべて共通です。

それに新規申し込み(MNP転出を含む電話番号の移動)や機種変更といった方法だけでなく、iPhoneやAndroidといった端末の種類関係なく、全プランで同じサービスを利用することができます。

コンシェルジュ
特にLINEモバイルのスゴイところを紹介しますね。

SNSを使うなら他の格安SIMよりカウントフリーサービスが良い!

LINEモバイルはカウントフリーが無敵

LINEモバイルといったらカウントフリーサービスが最も特徴です。

これは他の格安SIM会社(MVNO)でもあり、例えばBIGLOBEモバイルやOCNモバイルでは動画や音楽が対象となるコンテンツです。

他にもDMMモバイルやDTIモバイルではSNSが対象になるものの、オプション代が必要になったり、他にもLINEが利用できないなど、何かと制限が多いです。

それに対してLINEモバイルでは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramといった主要なSNSがすべて対象になり、しかもオプション代を払わずカウントフリーになるから、助かります。

すず
つまりLINEモバイルはSNSのカウントフリーなら最強ってことね。

LINEの年齢認証やID検索も問題なし!

LINEの年齢認証

格安SIMのデメリットの1つのLINEアプリの年齢認証の問題があります。

これは、SIMカードの契約者の情報と連動して年齢を確認する機能であり、基本18歳以上であるとID検索もできるのですが、ドコモやau、ソフトバンクといったキャリア以外の格安SIM会社では、この2つの機能を一切利用することができません。

ただしこの仕組みはキャリアとは異なり、LINEモバイルでは契約者情報の代わりに利用コードを登録することで年齢認証をパスできるようになります。

コンシェルジュ
利用コードはLINEモバイルを契約すると提供されます
すず
つまり、格安SIMではLINEモバイルだけがLINEの年齢認証がOKってことね。

子供用のフィルタリングサービスも無料で使える!

LINEモバイルの子供用のフィルタリングサービス

LINEモバイルを子供に持たせてスマホデビューをさせたい親御さんもいると思います。

しかし、1つ気がかりなことといえば、子供が有害サイトなどを見てしまわないかどうか?とても心配だと思います。

一般的に、格安SIMでも有害サイトをブロックできるフィルタリングサービスがあります。

しかし、大抵オプション契約をしないといけず、有料です。

しかし、LINEモバイルであればi-フィルター for マルチデバイスと呼ばれるフィルタリングサービスが用意されていて、無料で利用することができます。

設定手順も簡単だから、親御さんにとって心強いサービスになります。

すず
無料でできるなんて家計も節約できるわね。

ソフトバンク回線の通信速度が高速で評判!

ソフトバンク回線の通信速度が安定

LINEモバイル株式会社ではソフトバンク株式会社と事業を提携したことで、最近では特にソフトバンク回線の力を入れています。

そのため安定的に高速通信が実現されており、評価が上昇中!

コンシェルジュ
実際に使っているLINEモバイルのユーザーからも嬉しい口コミが数多く聞かれます。

すず
本家ソフトバンクとほぼ変わらないなんて衝撃すぎ!
コンシェルジュ
最近ではLINEモバイルといったら、ソフトバンク回線というほと、超注目されています。

他にもドコモ回線がありますが、違いを知りたい方は下記の記事も参考にしてみて下さい。

LINEモバイルのドコモとソフトバンク回線の違いを徹底比較!あなたはどっちを選ぶ?

2018.09.05

ラインモバイルの端末セット契約もOK!

ラインモバイルの端末セット

他社から乗り換えと同時に、機種変更する方はラインモバイルの端末セット契約するのも良いです。

格安スマホを中心にHUAWEI、zenfone、arrowsなどの主要メーカーの端末本体がラインナップされており、どれもSIMフリー(ドコモ回線でもソフトバンク回線でもOK)です。

種類は他社と比べるとやや少ないですが、最新機種はしっかりとあるため安心です。

またiPhoneも型落ちではありますが、在庫があります。

しかし、端末代が大幅に割引されているため、アップル社などで購入するよりはとても安く購入できて、お得です。

すず
端末セットで契約するのもアリね。
コンシェルジュ
LINEモバイルには他にもメリットがたくさん!詳しくは下記の記事もご覧下さい。

LINEモバイルのメリットとデメリットを包み隠さず大公開!

2018.08.27

【まとめ】LINEモバイルのプラン選びで迷ったらコレで決まり!

LINEモバイルのおすすめのプラン

LINEモバイルはSNSやLINE MUSICがカウントフリーだから、普段からよく利用する方にとっては、データ通信が消費されないためぴったりな格安SIMです。

プラン選びは自分に合ったプランを選ぶことが理想ですが、悩んでいる方は次のような基準で決めてもOK!

LINEモバイルのプラン選びで迷った場合
  • SNSはLINEを頻繁になる方 → LINEフリープラン(1GB)
  • LINE以外にも色々なSNSをやる方 → コミュニケーションフリープラン(まずは10GBで様子をみる)
  • SNSだけでなくLINE MUSICもよく聞く方 → MUSIC+プラン(まずは10GBで様子をみる)

もしプランが合わなくても、LINEモバイルではプラン変更が毎月できます。

それに初月の月額利用料金は無料だし、余ったデータ容量も翌月に繰越されるから、一番高い料金を選んだとしても損をすることはありません。

だから、まずは自分のデータ容量を探すのも良いと思います。

そして、LINEモバイルを使いながら少しずつ自分に合ったプランに合わせていくのはいかがでしょうか?

コンシェルジュ
公式サイトでは最新キャンペーンが随時開催されています。

同時に詳細なこともチェックしておくと良いですよ!

すず
店舗と違って、インターネット(WEB)から申し込むと、LINEポイントやギフトカードがプレゼントされるみたいだよ♪

格安SIMや格安スマホをお探しの方

格安SIMの無料診断
格安SIMを特徴から探す


端末セットの格安SIMランキング

格安スマホランキング

アノ格安SIMのことがもっと分かる!

気になる格安SIMをクリックすると、まとめたページに進みます。