IIJmioの低速モードでも使える!「できること」「できないこと」が分かっちゃうよ

IIJmioの低速モード
すず
IIJmioには低速モードがあるけど、不自由ないかな?
コンシェルジュ
正直言いますと、データ量が少ないメールやLINE、ちょっとしたネットの閲覧などの使用であれば全然大丈夫です。
すず
じゃあ、YouTubeなどの動画の再生はどうかな?
コンシェルジュ
高画質な動画の再生は止まってしまうので、ストレスになりやすいです。他にもデータ量が多い使い方は難しいです。

IIJmioでは専用アプリのクーポンスイッチを使って低速モードに切り替えることができるためデータ量を節約したい方にとってはとても助かるサービスです。

しかし、低速モードに切り替えると高速通信から低速通信になり、「できること」と「できないこと」が分けられます。

では、どんなことが快適に使えるのか?低速モードの注意点とともにまとめてみました。

IIJmioの低速モードって何?

低速モードとは?
コンシェルジュ
IIJmioには、低速モードが起こるパターンが大きく2つあります。
こんな時に低速モードになるよ!
  • データ量(クーポン)を使い切ってしまった場合
  • 専用アプリ(クーポンスイッチ)を使って速度切替を行った場合

IIJmioでは、契約しているプランのデータ量(クーポン)を使い切ってしまうと、高速通信から低速通信に切り替わります。

いわゆる速度制限の状態でもあり、最大で200kbpsです。

データ量は消費されないものの、通信速度が遅くなってしまうため、サイトの読み込みや動画の再生時間までの時間が長くなります。

一度、低速通信になってしまうと、データ量の追加(オプションで購入)をしない限りは、翌月まで速度制限の状態が続きます。

すず
他社と同じようにデータ量を使いすぎると、不便になるわけね。
コンシェルジュ
そしてもう1つが、自分で低速モードに切り替える方法があります。

自分でもIIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)を使って速度切替ができる

IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)

IIJmioでは専用アプリのクーポンスイッチ(みおぽん)を無料で利用することができます。

iPhoneであればApp Store、AndroidであればGoogle Play Storeから、簡単にインストールもできます。

このクーポンスイッチ(みおぽん)を使えば、手動で低速モードの切り替えが可能であり、しかも自分のタイミングでデータ量も調整できます。

例えば、動画を再生したいけどデータ量をあまり消費したくない時は、とても助かると思います。

すず
自分のスマホの使い方に合わせて、低速モードができることは嬉しいわ♪
コンシェルジュ
クーポンスイッチ(みおぽん)を使えば、他にデータ量の確認や構成プロファイルのインストールなどもできます。

低速モードでもバースト機能が付いている

バースト機能の図(通常の低速通信との違い)

一般的に、低速モードというと最初から最後までのデータの読み込みが低速通信になります。

そのため、高速通信と比べた場合、データの読み込み時間も大幅に遅延します。

しかし、IIJmioでは低速通信(最大で200kbps)になったとしても、データ読み込みの最初だけが高速通信に切り替わるため、データの読み込み時間を短縮してくれます。

このバースト機能は標準で搭載しているため、特別に自分で設定する必要もないため、とても助かります。

すず
つまり、低速モードになっても「高速通信→低速通信」になるわけね。
コンシェルジュ
ちなみにIIJmioのバースト機能は、格安SIM業界のパイオニアとして知られています。
IIJmio(みおふぉん)のバースト機能

IIJmioのバースト転送機能を他社と比較!低速通信でも使いやすいか解説するよ

2018年11月20日

低速モード中に366MB以上使うと直近3日制限になる

直近3日制限

IIJmioの低速モードは、データ量(クーポン)が消費されませんが、利用条件が1つあります。

それは直近3日以内に366MB以上のデータ量を使ってしまうと、さらに通信速度に制限がかかり超低速モードになります。

通常の低速モードが最大で200kbpsであるため、超低速モードではほぼ使い物にならない状態と思って下さい。

だから、低速モードだからといって動画の再生や音楽のストリーミングなどは要注意!

長時間利用すると、簡単に366MB以上を超えてしまうので、使い方もほどほどにした方が良いです。

コンシェルジュ
次に、低速モードで「できること」と「できないこと」を詳しく紹介しますね。
すず
お~!これを一番知りたかったのよ。

一体何ができる?低速モードでも「できること」「できないこと」

IIJmioの低速モードを検証

低速モードでもデータ量が少ない使い方であれば、1日を通して快適に使うことができました。

1日を通してできること
  • LINEやメールの送受信
  • サイトの閲覧(画像や広告が少なく文字だけのページ)
  • SNS(Twitterなど)
  • 動画の再生(144p)
  • 音楽のストリーミング(Google Play Musicなど)音質を調整
  • ラジオの視聴
LINEの画面(低速モード中)

文字以外にもLINEのスタンプ、メールの絵文字も、時間帯に関係なく普通に使えます。

Twitterの画面(低速モード中)

他にTwitterやFacebookなどのSNSも、ツイートやタイムラインなども普通に表示されました。

YouTubeの画面(低速モード中)

意外であったのが、YouTubeなどの動画の再生です。

144pという低画質であれば、再生できます。

他に音楽のストリーミングも一番低い音質であれば、途切れることなく普通に聴くことができました。

このように、データ量が少し多くても、バースト機能のおかげで比較的にスムーズに読み込んでくれました。

コンシェルジュ
続いて、低速モードではちょっと…。ストレスになりやすい使い方を紹介しますね。
低速モードでは使えない

同じスマホの使い方をしても、朝・昼・夜の時間帯によっては、データ量の読み込み時間が大きく左右される場合もあります。

他にも、全く使いものにならずストレスが溜まるだけの状態!

そんな最悪の状態もいくつか起こりました。

時間帯によっては使えない
  • サイトの閲覧(画像や広告が多いページ)
  • テザリング

サイトの閲覧(画像や広告が多いページ)やテザリングをする場合は、時間帯によってデータ読み込み時間が大きく変わります。

特にスマホの利用者が集中する時間帯(昼のランチなど)では、倍以上の時間がかかるため、避けて利用した方がよいです。

正直使えない…。
  • 動画の再生(144p以上の場合)
  • ゲームアプリなど

データ量が多い動画の再生(144p以上の画質)や重いアプリのインストールは、1日を通して使いづらい状態でした。

データの読み込みが終わらないこともあるため、ストレスが溜まるだけです。

低速モードでは不向きであるため、使わない方がよいと思います。

低速モードは使い方に合わせて活用した方が良い!

IIJmioの低速モードをうまく使いこなすこと

IIJmioの低速モードは、、データ量(クーポン)切れによる速度制限とクーポンスイッチ(みおぽん)を使って、自分で切り替えを行う2つの方法があります。

どちらも低速通信になってしまうものの、バースト機能が搭載しているため、読み込み時間を短縮してくれます。

しかし、直近3日間で366MB以上利用してしまうと超低速モードになるため、注意しないといけません。

またデータ量が多い動画の再生(高画質)などの利用は不向きであるため、使い方に合わせてうまく利用した方が良いと思います。

こんな人は低速モードも苦にならない!
  • LINEやメール中心の人
  • SNS中心の人
  • 文章が多いサイトを見る人
  • 動画の画質にこだわらない人
  • ラジオを聞く人

\IIJmioには低速モード以外にもメリットがあるよ/

コンシェルジュ
低速モードが嫌な方やデータ量(クーポン)を使いすぎで速度制限になる心配がある方は、最初から大容量プランを契約しておくことも1つ方法です。例えばファミリーシェアプラン(12GB)もあります。
IIJmio(みおふぉん)のファミリーシェアプラン

IIJmioのファミリーシェアプランは単身から10人家族までOK!複数回線でお得に利用できるよ

2018年11月8日

格安SIMや格安スマホをお探しの方

格安SIMの無料診断
格安SIMを特徴から探す


端末セットの格安SIMランキング

格安スマホランキング

アノ格安SIMのことがもっと分かる!

気になる格安SIMをクリックすると、まとめたページに進みます。

mineo(マイネオ)OCNモバイルONE楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)
LINEモバイルUQモバイルBIGLOBEモバイルTONEモバイル

ITが苦手な人でも乗り換えができます!

格安SIMの個別相談