IIJmioなら2台目の複数回線の契約もOK!SIMカードの追加方法も解説するよ

IIJmioで2台目を複数回線契約
すず
2台目もIIJmioで契約したいけど、大丈夫かな?
コンシェルジュ
もちろん大丈夫です!通常プラン(eSIMプラン以外)であれば複数回線の契約ができて、それにデータシェアもOKです!
すず
本当に!?それを聞いて安心したわ♪
コンシェルジュ
ただし、プランごとで条件が少し変わるから、理解してから契約すると良いですね。

IIJmioは複数回線を契約できる格安SIMであるため、メイン端末とサブ端末を使い分けて契約もできるし、名義人が同じであれば家族全員でIIJmioを利用することもできます。

そんな利用者に合わせて利用できるデータシェアについて、すでにIIJmioを契約している方はもちろん、これから複数回線を契約したい方にも分かるように、プランごとの条件の違いや注意点、利用する際のメリット、そしてSIMカードの追加方法についても詳しく解説していきます。

IIJmioはデータシェアが可能な格安SIM

IIJmioはデータシェアがOK

IIJmioの通常プランにはミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプランの3つのプランがあります。

各プランはデータ容量に応じて月額基本料金が異なるものの、複数の利用者がデータ容量を共有できる共通のメリットがあります。

ただし、プランごとに追加できるSIMカートの条件(最大枚数や利用料金)が違うため、しっかり理解しておくことが大事です。

追加できるSIMカードの条件がプランごとに違う

IIJmioはプランごとでデータシェアの条件が違う

IIJmioでは、プランごとに利用できるSIMカードの最大枚数が決まっています。

プランごとのSIM追加の条件
  • ミニマムスタートプラン(3GB)…最大2枚
  • ライトスタートプラン(6GB)…最大2枚
  • ファミリーシェアプラン(12GB)…最大5枚

ミニマムスタートプランとライトスタートプランは、条件が変更され1つのプラン内で最大で3枚(主回線も含む)まで利用が可能になりました。

ファミリーシェアプランでは、大容量プランということもあり上記2つのプランと比べると追加できる枚数も増え、最大で6枚(主回線も含む)までOK!

IIJmio(みおふぉん)のファミリーシェアプラン

IIJmioのファミリーシェアプランは単身から10人家族までOK!複数回線でお得に利用できるよ

2018年11月8日
コンシェルジュ
さらに利用料金や追加手数料でも違いがあります。
すず
何!?料金のことだから、これは超重要ね。

追加SIM利用料は、プランに関係なく1枚あたり月額400円かかります。

初期費用のSIMカード追加手数料(2,000円)は、ミニマムスタートプランとライトスタートプランの2枚目、ファミリーシェアプランは4枚目以降に発生します。

つまり、ファミリーシェアプランの場合、3枚目までの追加手数料が無料になるため、お得です。。

コンシェルジュ
IIJmioではSIM追加手数料が無料になるキャンペーンもあるから、うまく利用することで初期費用を抑えることもできます。

データシェアのメリット

IIJmioのデータシェアは、データ容量を共有できる以外にも「月額基本料金の削減」や「通信速度の混雑緩和」といった2つのメリットがあります。

複数台の月額基本料金が安くなる

IIJmioなら複数回線で月額基本料金が安くなる

IIJmioの2台目の利用料金は全プラン共通で追加SIM利用料が400円です。(ファミリーシェアプランは3回線目まで無料)

さらに、音声通話機能付きSIMを利用する場合は音声通話機能付帯料700円、SMS機能付きSIMを利用する場合はSNS機能付付帯料140円が追加した金額が毎月発生します。

コンシェルジュ
1台目と2台目の利用料金を、分かりやすくまとめた表がこちらです。
  音声通話機能付きSIM
(タイプD・A共通)
SMS機能付きSIM データ通信専用SIM
(タイプDのみ)
ミニマムスタートプラン(3GB)
※1台目

1,600円

1,040円(タイプD)
900円(タイプA)

900円
ミニマムスタートプラン(3GB)
※2台目
+1,100円

+540円(タイプD)
+540円(タイプA)

+400円
ライトスタートプラン(6GB)
※1台目
2,220円

1,660円(タイプD)
1,520円(タイプA)

1,520円
ライトスタートプラン(6GB)
※2台目
+1,100円

+540円(タイプD)
+540円(タイプA)

+400円
ファミリーシェアプラン(12GB)
※1台目
3,260円

2,700円(タイプD)
2,560円(タイプA)

2,560円
ファミリーシェアプラン(12GB)
※2台目
+700円
※3回線目までの料金

+140円(タイプD)
+140円(タイプA)
※3回線目までの料金

0円
※3回線目までの料金
すず
単純に計算しても、2台目から半額以下になるわね♪

例えば、ミニマムスタートプラン(3GB)のデータ通信専用SIMについて、データシェアした場合と個別に2回線契約した場合の利用料金について比較します。

 

  • データシェアした場合、900円(1回線目)+400円(2回線目)=1,300円(合計)
  • 個別で2回線契約した場合、900円(1回線目)+900円(2回線目)=1,800円(合計)

データシェアすると、個別で2回線契約する場合よりも毎月500円も安くなります。

このように最安値プランで比較したとしても、データシェアをした方がお得です。

だから月額基本料金が高いファミリーシェアプランや契約人数(回線数)が多いほど、さらに1人あたりの利用料金が安くできるため、費用を節約できます。

通信速度の混雑を分散できる

IIJmioのドコモ回線とau回線

IIJmioのデータシェアは、ドコモ回線とau回線を併用することができます。

マルチ回線を利用できる格安SIMの特徴を生かして、データシェアでも回線ごとに種類を選択できます。

例えばメイン端末をドコモ回線、サブ端末をau回線で契約して回線を分散しておけば、どちらか一方の通信速度が混雑したとしても、回避することができます。

特に1人で複数回線を利用する場合は、通信速度対策のちょっとした裏技として利用できます。

すず
2つの回線をうまく使い分けるってわけね。
コンシェルジュ
ちなみにIIJmioではau回線に力を入れているため、ドコモ回線よりやや通信速度が安定しています。
IIJmio(みおふぉん)のタイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)の違い

完全比較!IIJmioのタイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)の違いを分かりやすく解説するよ

2018年11月18日

2枚目のSIMカードを追加する方法

コンシェルジュ
ここではすでにIIJmioを契約している方が、2枚目のSIMカードを追加する方法を画像付きで紹介しますね。
IIJmioでSIMカードを追加する方法(画面1)

IIJmioの会員専用ページにアクセスして、「mioID」と「パスワード」を入力してログインします。

IIJmioでSIMカードを追加する方法(画面2)

「サービスの各種変更・利用状況照会」が表示されるため、「SIMカードの追加」をタップします。

IIJmioでSIMカードを追加する方法(画面3)

「SIMカードを追加」をタップします。

IIJmioでSIMカードを追加する方法(画面4)

SIMカードの種類を選択します。

「音声通話機能付き」「SMS機能付き」「データ通信専用」の3つの中から希望の種類を選択します。

IIJmioでSIMカードを追加する方法(画面5)

利用者情報の登録は、契約者本人であれば「契約者本人」、契約者と利用者が違う場合は、「本人以外」を選択します。

そして「上記の内容でSIMカードを追加する」をタップします。

IIJmioでSIMカードを追加する方法(画面6)

「配送希望日」と「配送希望時間」を指定できるため、自分の都合の良い時間帯を選択すればOKです!

音声通話機能付きSIMのみ、希望日や時間帯は指定できません。
IIJmioでSIMカードを追加する方法(画面7)

最後に注意事項を確認したら、左端にレ点をチェックして下さい。

そして「設定変更申し込み」をタップすれば、SIM追加の手続きが完了します。

すず
ところで配送日時を指定しなかったら、どのくらいで届くの?
コンシェルジュ
通常3~4日程度で届きますよ。

SIMカードを追加する際の注意点

IIJmioのSIM追加はMNP転入が特に注意点

IIJmioは家族名義で契約できる格安SIMです。

以前はMNP転入する場合、IIJmioに転入する前に現在使っている携帯会社で名義人を統一する必要がありましたが、現在は利用者本人の名義で契約ができます。

電話番号の名義もIIJmioに乗り換え後、利用者本人の名義に変更されるため、安心下さい。
コンシェルジュ
他に新規契約する場合もしくはプラン変更する場合の共通の注意点についても紹介しますね。

ミニマムスタートプランとライトスタートプランは、申し込みと同時に2枚目のSIMカードを追加できません。

他にファミリーシェアプランでも、4枚目以降のSIMカードは新規契約と同時に追加ができません。

契約後にIIJmioの会員ページから別途手続きを行って、SIMカードを追加する必要があります。

IIJmioは小容量プランでもデータシェアができて使い道が広い

IIJmioのSIM追加はデータ容量に合ったプランを選択できる

IIJmoのデータシェアは、プラン選びで縛りが少ない格安SIMです。

特に他社と違って、ファミリーシェアプラン(12GB)だけでなく、ミニマムスタートプラン(3GB)のような小容量プランでもデータシェアができることは大きな特徴です。

特に家族でまとめて利用したい方はもちろん、1人で複数回線を利用する方にとっても複数のプランの中から自分に最適なプランを選択できるため、使い勝手が良いと思います。

コンシェルジュ
IIJmioでは新規契約はもちろんSIM追加の手数料が無料になるお得なキャンペーンもあるから注目です!

格安SIMや格安スマホをお探しの方

格安SIMの無料診断
格安SIMを特徴から探す


端末セットの格安SIMランキング

格安スマホランキング

アノ格安SIMのことがもっと分かる!

気になる格安SIMをクリックすると、まとめたページに進みます。

mineo(マイネオ)OCNモバイルONE楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)
LINEモバイルUQモバイルBIGLOBEモバイルTONEモバイル

ITが苦手な人でも乗り換えができます!

格安SIMの個別相談