IIJmioのmio割は断然お得!固定回線とセットで契約すると料金を節約できるよ

IIJmioのmio割がお得
すず
IIJmioの光回線とスマホをセットで契約しようと思うけど、いくら割引されるの?
コンシェルジュ
mio割という特別な割引が適用されて、月額で600円安くなります。
すず
マジ!?最高じゃん!気になるからもっと詳しく教えてよ~。
コンシェルジュ
では、本日はmio割について詳しく解説しますね。

IIJmioではSIMサービスの提供だけでなく光回線サービスも行っているため、セットで契約するとmio割が適用され、月額基本料金がお得になります。

それに対象になるサービス(プランなど)の種類も多く、選択肢も広いため、mio割の対象になりやすいです。

ただし、mio割を適用してもらうには、いくつかの条件があります。

そこでmio割の対象条件はもちろん、注意点についてまとめてましたので、参考にして頂ければと思います。

mio割の対象サービスは何?

mio割
mio割の対象サービス
  • IIJmio(SIMサービス)
  • IIJmioひかり(光回線サービス)※ビック光も対象

mio割はIIJmioのSIMサービスと光回線サービスの両方を契約する必要があります。

適用されると月額600円割引されます。

mio割対象のSIMサービス

まずIIJmio(SIMサービス)は3種類のいづれSIM(音声通話機能付きSIM・SMS機能付きSIM・データ通信専用SIM)、さらに3種類のフリープラン(ミニマムスタートプラン・ライトスタートプラン・ファミリーシェアプラン)、それにケータイプランも対象です。

他にIIJmioはマルチ回線の格安SIM会社(MVNO)ということもあって、ドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)を利用できますが、タイプの種類に関係なく対象になります。

またIIJmioモバイルサービスやIIJmioモバイルプラスサービスだけでなく、IIJmioの各種SIM(ウェルカムパック・音声通話パック・えらべるSIM)も対応しており、ネット購入はもちろん、店舗で扱っているパッケージ商品の申し込みも対象になります。

mio割対象の光回線サービス

次に、光回線サービスの場合はIIJmioひかりとビック光も対象です。

建物の種類も、一戸建てはもちろんマンションに住んでいる方も対象になります。

すず
ところで、両方契約したらすぐにmio割が適用されるの?
コンシェルジュ
mio割が適用されるタイミングは、IIJmio(SIMサービス)とIIJmioひかり(光回線サービス)の両方が開通した日以降に月額600円の割引が適用されます。

それに月の途中からmio割が適用されても日割り計算をしてもらえます。

mio割は申し込み不要で自動的に割引されるサービスです。

別途、手続きも必要がなく、光回線サービスを解約しない限りは、mio割が継続されます。

mio割適用後の月額基本料金

mio割でいくらになる?
すず
月額で600円割引されることが分かったけれど、結局いくらになるの?
コンシェルジュ
月額基本料金は、SIMサービスと光回線サービスのプランの種類によって変わるから、表にして紹介しますね。
一戸建ての場合 ミニマムスタートプラン(3GB) ライトスタートプラン(6GB) ファミリーシェアプラン(12GB)
音声通話機能付きSIM
※タイプD・A
4,960円 6,580円 7,620円
SMS機能機能付きSIM
※タイプD
5,400円 6,020円 7,060円
SMS機能機能付きSIM
※タイプA
5,260円 5,880円 6,920円
データ通信専用SIM
※タイプD
5,260円 5,880円 6,920円
光回線の一戸建てプラン(月額4,960円)とIIJmio(SIMサービス)の各プランの月額基本料金を合計して表示しています。
マンションの場合 ミニマムスタートプラン(3GB) ライトスタートプラン(6GB) ファミリーシェアプラン(12GB)
音声通話機能付きSIM
※タイプD・A
4,960円 5,580円 6,620円
SMS機能機能付きSIM
※タイプD
4,400円 5,020円 6,060円
SMS機能機能付きSIM
※タイプA
4,260円 4,880円 6,520円
データ通信専用SIM
※タイプD
4,260円 4,880円 6,520円
光回線のマンションプラン(月額3,960円)とIIJmio(SIMサービス)の各プランの月額基本料金を合計して表示しています。

\SIMサービスだけの料金プランを確認したい方はこちら/

契約前にチェック!mio割の注意点

mio割の注意点

mio割が適用されるサービスの種類(プランなど)は多く、大抵のプランの選択すれば適用されます。

しかし、3つの対象条件があるため、覚えておくと良いです。

対象条件に注意!
  1. mioIDが共通していること
  2. IIJmioひかり1回線ごとに割引される
  3. プリペイドSIMは対象外になる
コンシェルジュ
確実に対象条件にあてはまるためにも、しっかりと理解しておきましょう!

mioIDが共通していること

mioID

IIJmioにはmioIDと呼ばれるログイン用の個人IDがあります。

IIJmio(SIMサービス)とIIJmioひかり(光回線サービス)の両方で扱うのですが、共通していることが条件です。

異なるmioIDで申し込みをしてしまうと、mio割の対象外になってしまうため、必ず統一して申し込みをして下さい。

光回線サービスの1回線ごとに割引される

光回線サービスの回線数を基準

mio割は光回線サービスを基準にします。

さらに光回線サービス1回線に対して、mio割も1つ割り当てられます。

例えばIIJmioひかり(2契約)、IIJmioのSIMサービス(3契約)の場合、mio割引は2回線分しか割り当てられないため、注意して下さい。

プリペイドSIMは対象外になる

プリペイドSIMは対象外

IIJmio(SIMサービス)には使い切りタイプのプリペイドSIMがありますが、mio割は対象外です。

ただし、プリペイドSIMを利用している方でも月額基本料金が発生するフリープランに変更すれば、mio割の対象に含まれます。

mio割を活用して料金を節約しよう!

mio割でスマホ代と固定回線代を節約

IIJmioではSIMサービスと光回線をセットで契約すると、mio割が適用され月額基本料金を割引できます。

それに対象条件が比較的に少なく、幅広いプランが適用されます。

特にスマホ代と固定回線代を節約したい方にとっては、利用しない手はありません。

IIJmioで統一して、mio割をうまく活用するべきだと思います。

コンシェルジュ
mio割は新規契約キャンペーンも併用され、ダブルでお得です。気になる方は最新キャンペーンをチェックしておくと良いと思います。

格安SIMや格安スマホをお探しの方

格安SIMの無料診断
格安SIMを特徴から探す


端末セットの格安SIMランキング

格安スマホランキング

アノ格安SIMのことがもっと分かる!

気になる格安SIMをクリックすると、まとめたページに進みます。

mineo(マイネオ)OCNモバイルONE楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)
LINEモバイルUQモバイルBIGLOBEモバイルTONEモバイル