HUAWEI nova lite 3を実践レビュー!スペック以上のコスパ機種だったよ

HUAWEI nova lite 3のレビュー
すず
HUAWEI nova lite 3ってどう思う?性能などいいの?
コンシェルジュ
HUAWEIではミドルレンジモデルであり、それにコスパの良い機種ということで評判ですね。
すず
コスパが良いんだ!最高じゃん♪
コンシェルジュ
それにカメラ機能も高性能だから悪くないですよ!

2019年2月に発売されたHUAWEI nova lite 3はミドルレンジモデルの中でも性能も良く、それに端末価格も2万円代で購入できるお手頃なSIMフリースマホです。

そんな高コスパ機種のHUAWEI nova lite 3について、スペックや特徴(外観や付属品)、ベンチマークテスト、便利機能、カメラ機能、バッテリー性能などを、実際に使いレビューとして紹介します。

HUAWEI nova lite 3のスペック

HUAWEI nova lite 3

まずはHUAWEI nova lite 3のスペックを紹介します。

項目 スペック
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約73.4×155.2×7.95mm
重量 約160g
ディスプレイ 約6.21インチ(2,340×1,080ドット)、TFT
カメラの画素数 アウトカメラ(約1,300万画素数+約200万画素数)
インカメラ(約1,600万画素数)
バッテリー容量 約3,400mAh
OS Android9、EMUI9.01
メモリ 3GB
CPU HUAWEI Kirin710(4×2.2GHz A73+4×1.7GHz+A53)
容量 32GB
※microSDXCカードで最大512GBまで可能
SIMカード nanoSIM×2
防水・防塵 非搭載
Bluetooth Bluetooth4.2
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n/(2.4GHz帯)
対応バンド FDD LTE(Band1/2/3/8/17/18/19)
TDD LTE(Band41)
WCDMA(Band1/2/5/6/8/19)
GSM(850/900/1800/900MHz)
キャリアアグリゲーション対応
生体認証 顔認証、指紋認証
Felica 非搭載
NFC 非搭載
ワンセグ 非搭載
ワンセグチューナー 非搭載
付属品 micro USB、ACアダプター、イヤホンマイク、保護ケース

HUAWEI nova lite 3が発売した時点では、OSは最新のAndroid9、CPUもHUAWEI Kirin710であり、5段階中4段階のレベルでした。

それに3メモリでバッテリーも3,400mAhであり、平均よりやや高めの性能となっています。

さらにW認証(指紋認証・顔認証)を搭載しており、セキュリティー面も悪くはありません。

そしてドコモ、au、ソフトバンク回線のすべて対応しているため、回線の不便もありません。

すず
キャリアすべでの回線に対応しているから助かるね。
コンシェルジュ
ただし、非搭載の機能もあるからよく覚えておいて下さい。

HUAWEI nova lite 3には、おサイフケータイとして利用できるFelicaは非搭載です。

さらにワンセグや防水・防塵も非搭載になります。

その代わりにカメラ機能に力を入れているため、特にカメラの性能を重視している方にとっては、検討しても良い機種となります。

HUAWEI nova lite 3の外観と付属品

HUAWEI nova lite 3と付属品一式

HUAWEI nova lite 3の端末価格は約26,800円(店舗によって価格は変動しています。)であり、値段もお手頃です。

それに2種類のカラー(オーラルブルー、ミッドナイトブラック)があって、どちらも光沢がある背面パネルが特徴的の人気機種です。

すず
そうそう!あのカラーが良いのよ。
コンシェルジュ

僕もあのカラーが好きだったので、オーラルブルーを購入してみました。

ここからは画像を見ながら詳しく紹介していきます。

ディスプレイは大画面だから見やすい

HUAWEI nova lite 3を片手で持った状態

HUAWEI nova lite 3のディスプレイは、約6.21インチ(2,340×1,080ドット)です。

SIMフリースマホ全体を見ても、ほんの僅かに大きめのサイズになります。

片手で持つと、丁度指が引っかかるサイズであるため、男性でもピッタリ!

HUAWEI nova lite 3のノッチ

ディスプレイにはインカメラ(しずく型ノッチ)がありますが、画面ギリギリまで表示されます。

インカメラが邪魔になることなく、大画面の映像を見ることができます。

すず
黒い部分がほとんどないから、スゴイ技術よね♪
コンシェルジュ
ちなみに、インカメラなどの黒い枠を消す全画面表示も可能です!

それに2,340×1,080ドットの解析度であるため、ハイクオリティな映像を楽しむことができます。

同じミドルレンジモデルと比べると100~200ドット高いため、性能もやや良いです。

光沢がある背面パネルは指紋が残って目立ってしまう

HUAWEI nova lite 3の背面パネル

HUAWEI nova lite 3の背面パネルは、キラキラした光沢になっているため、反射して物を見ることができます。

ある意味鏡の役割もできるため、ちょっとしたワザとしても使うことができます。

ただし、この綺麗すぎる背面パネルは、逆に指紋が付着しやすい欠点もあります。

長時間スマホを触っていると、指紋がギッシリ残ってしまうため、とても目立ちます。

気になる方は、定期的に布やディッシュなどで拭くことをおすすめします。

すず
この問題は、スマホカバーを使えば対策できそうね。
コンシェルジュ
ちなみに背面パネルには、ダブルレンズ、光センサー、指紋センサーがあります。

側面は3D湾曲でクール

HUAWEI nova lite 3の左側面

HUAWEI nova lite 3の側面は、半円状の丸みをおびているため、ゴツゴツした肌触りもありません。

だから、指の関節もパチッとはめて持つことができますが、手汗などで濡れているとやや滑りやすいです。

ただし、この問題も保護ケース(付属品)を付ければ解決することができるため、安心して下さい。

すず
滑らない工夫をすることが大事ね。
コンシェルジュ
ちなみに、右側面は電源とボリューム調整、左側面には何もボタンはありません。

デュアルSIM対応+SIMカードの挿入もOK!

HUAWEI nova lite 3の上側面

HUAWEI nova lite 3の上側面には、SIMフリースマホでは珍しいSIMトレイが配置されています。

付属のSIMピンを小さな穴に挿入することで、簡単に取り外しも可能です。

HUAWEI nova lite 3のSIMトレイを開けた様子

HUAWEI nova lite 3は、DSDS対応のデュアルSIMです。

同時に2枚のnano SIMもしくは、1枚をnano SIMもう1枚をmicro SDカードを入れて使うことができます。

特に音声通話用とデータ用のSIMカード、会社とプライベート用のSIMカードなど、2枚のSIMカードを同時に使える利点があります。

付属のイヤホンジャックも取付が可能!充電はmicro USB対応

HUAWEI nova lite 3の下側面

HUAWEI nova lite 3の下側面は、イヤホンジャック、micro USB挿入口、モノラルスピーカーがあります。

気になるのが充電で使うmicro USBの挿入口です。

最近はUSB TypeC対応のSIMフリースマホが多く、挿入口も裏表が無くなったことで便利になりました。

しかし、micro USBの挿入口は裏表があるため、向きに注意しないと充電ができません。

すず
これは差し込み口を間違えないよう気をつけなければ…。
コンシェルジュ
向きさえ注意すれば、特別大きな問題ではありません。

付属品も一式揃っている

HUAWEI nova lite 3にはmicro USB、ACアダプター、イヤホンマイク、保護ケースが一式で付いてきます。

別途アクセサリーを別途購入する必要がないから、とても助かります。

HUAWEI nova lite 3のmicro USB HUAWEI nova lite 3のACアダプタ HUAWEI nova lite 3のイヤホン HUAWEI nova lite 3のクリアケース

特に保護ケースは透明なのに柔らかいです。

手で持つと、ぐにゃっと曲げることができるものの、しっかりと端末本体をガードすることができます。

すず
スマホを落とすことが多いから、保護ケースも付いてくるのは助かるわ♪

ここまでHUAWEI nova lite 3の外観の特徴を紹介してきましたが、いかがでしょうか?

私個人の意見としては、大画面のディスプレイだからとても見やすい!使いやすい!

それに光沢あるフォルムはクールでカッコよくファッション感覚としても悪くはありません。

正直、背面パネルがこんなにキラキラしているなんて衝撃でしたね。

ベンチマークテストも高数値だった

HUAWEI nova lite 3のベンチマークデストの結果

Antutu Benchmarkを使ってベンチマークテストを行ってみました。

HUAWEI nova lite 3の総合スコアは117,321!

すず
この数値ってどうなの?
コンシェルジュ
100,000以上のスコアであればOK!性能も悪くはありません。

CPUはHUAWEI Kirin710(オクタコア)です。

旧モデルのHUAWEI nova lite 2はHUAWEI Kirin659(オクタコア)であったため、処理能力もさらに向上しました。

実際に使ってみても途中でフリーズすることはないし、複数のアプリを同時に立ち上げて使っても問題なくサクサク動かすことができました。

ホーム画面や初期アプリは購入先で少し変わる

HUAWEI nova lite 3のホーム画面

HUAWEI nova lite 3のホーム画面(初期状態)です。

電話、アドレス帳、メッセージ、Google chrome、カメラが下部に固定配置されています。

上部にはGoogle関連のアプリや音楽、他にもSNS関連のアプリやギャラリー、メモ帳、設定などがあります。

普段よく使うアプリが1~2ページの上部に配置されています。

ただし、HUAWEI nova lite 3はMVNO専売モデルであるため、購入先によってアプリの種類が少し変わります。

バッテリー持ちも悪くない

HUAWEI nova lite 3のバッテリー時間

HUAWEI nova lite 3のバッテリー容量は3,400mAhです。

最近のSIMフリースマホのバッテリー容量が3,000mAhであるため、やや高めです。

実際にバッテリー持ちを検証してみたところ、一度充電をしてからLINEやメール、ネットサーフィンや動画などを普通に利用(1日4時間以上利用)しても、私の場合は1日以上のバッテリーが持ちました。

コンシェルジュ
ちなみに設定画面でもバッテリー時間を確認できて、37時間という長時間の数値が表示されました!※何を使わない場合
すず
ワオ!何も使わなければ、1日以上楽勝ね。

ゲームもサクサク動いてくれる

HUAWEI nova lite 3で遊んだパスドラ画像

HUAWEI nova lite 3は、ゲームアプリもフリーズすることなく楽しむことができます。

例えばパスドラ、モンストといった人気ゲームをはじめ、荒野行動といったデータ通信量を多く使うゲームでもサクサク画面が動きました。

特にデータ通信量が多いサバイバルや音ゲーなどのジャンルは、一般的にハイスペックモデルを推奨されます。

しかし、ミドルレンジモデルで十分対応できるため、特別に困ることはありませんでした。

便利な機能でユーザーを助けてくれる

HUAWEI nova lite 3の画面

HUAWEI nova lite 3には、他社にも搭載している便利機能だけでなくHUAWEI独自の機能も複数搭載されています。

その中でも私が実際に利用して、特に快適だった機能を5つ紹介します。

顔認証や指紋認証で電源を立ち上げれる

HUAWEI nova lite 3の顔認証と指紋認証

HUAWEI nova lite 3は、W認証(顔認証・指紋認証)に対応しており、設定画面から登録が可能です。

操作方法もタップなどの基本操作だけで完了できるから、楽々設定ができます。

HUAWEI nova lite 3の指紋センサー

例えば指紋認証は、事前に指紋登録をしておけば背面パネルにある指紋センサーに触れるだけOK!

簡単に電源が付き立ち上がります。

モーションコントロール機能を使えばスクリーンショットも楽々撮影できる

HUAWEI nova lite 3のモーションコントロール機能

HUAWEI nova lite 3のスクリーンショットの基本方法は、電源ボタンとボリュームボタン(下げる)を同時押しです。

この方法は他の機種でも同じ方法であるため、慣れている反面やや使いにくい操作の1つです。

しかし、モーションコントロール機能から設定しておくと、もっと楽にスクリーンショットを撮ることができます。

HUAWEI nova lite 3のモーションコントロール機能のやり方

やり方は超簡単です!三本指でディスプレイの上から下になぞるだけでOK!

楽々スクリーンショットを撮ることができます。

すず
スゴ!これなら片手でスクリーンショットが撮れるね。
コンシェルジュ
モーションコントロール機能は、他に2つの機能があってスマホを伏せれば音を消すことができたり、持ち上げれば音を小さくすることもできます。

視力保護モードでブルーライトもカットしてくれる

HUAWEI nova lite 3の視力保護モード

HUAWEI nova lite 3には、通常の光調整以外にも視力保護モードを使うことで、さらに目の負担を和らげることができます。

設定方法も簡単でありONにすると、ディスプレイ全体が薄いオレンジ色に変化!

強い光も弱まると同時に、ブルーライトもカットしてくれます。

すず
長時間スマホを触ることが多いから、これは超嬉しいわ♪
コンシェルジュ
視力保護モードを使えば、ブルーライトカットメガネも必要無くなります。

クローン機能で複数のアプリが使える

一般的にSIMフリースマホは、1端末1アプリが常識です。

しかし、HUAWEI nova lite 3にはクローン機能が搭載されているため、1端末2アプリ(同じ種類)が可能です。

例えばLINEやMessengerを2つ持つことも可能であり、1つの端末で2つのIDを持つことができます。

ただし、条件としては2つのSIMカードが必要になります。(電話番号が必要)

すず
2つのLINEアプリは、私も使いたいわ♪
コンシェルジュ
ちなみにゲームやTwitterでも検証してみましたが、利用は不可でした。

画像から詳しい商品ページを表示してくれる

HUAWEI nova lite 3の商品画面に飛ぶ様子

5つの機能の中で、最も衝撃的だった機能がHiTouchです。

これは撮った写真に2本指でタッチすると、詳細な商品ページを表示してくれる便利機能です。

例えばHUAWEI nova lite 3の外箱をタッチすると、HUAWEIの公式サイトはもちろんAmazonや楽天などの商品ページが一覧として表示してくれました。

コンシェルジュ
写真を撮ったけど、商品の名前が分からない時は、とても役に立つ機能です!
すず
お~!これは私も使いたいわ♪

このようにHUAWEI nova lite 3の便利機能は、さらにスマホ生活を快適にしてくれます。

私も何度か使ってみましたが、使い続けるうちに他の機種には戻れないと思ってしまったほど!

数々の便利機能に感動を受けましたね。

AI搭載だからカメラ機能も高性能すぎる

HUAWEI nova lite 3のカメラ

HUAWEI nova lite 3は、アウトカメラが約1,300万画素数+約200万画素数、インカメラも約1,600万画素数です。

さらにアウトカメラはダブルレンズを採用していてAI機能も搭載!

ミドルレンジモデルですが、カメラの性能も申し分ありません。

HUAWEI nova lite 3の基本画面

HUAWEI nova lite 3のカメラ機能には、全部で6種類のモードが搭載されています。

6種類のモードの内容
  1. 写真(通常の写真が撮れます)
  2. ビデオ(動画が撮れます)
  3. ポートレート(ボケや照明を調整できて写真が撮れます)
  4. 夜景(夜間用の写真が撮れます)
  5. アパーチャ(ボケやピン調整をして写真が撮れます)
  6. その他(ARレンズや背景エフェクトなど加工した写真が撮れます)
コンシェルジュ
モードの切替を行うには、画面下をスライドするだけでOKです!
すず
簡単で助かるわ!機械音痴な私でも使えそうね。

他に画面上部には、各種設定が可能です。

例えば「写真の」場合、AI Vision、光調整、アニメーション写真設定、AIカメラ、設定が表示されるため、自分の好みや環境に合った設定も行うことが可能です。

特にAIカメラをONに設定しておくと、被写体に合った最適なモードが自動的に設定してくれます。

そのためカメラ操作が苦手な方でも、簡単に綺麗な写真を撮ることができます。

HUAWEI nova lite 3の基本画面

HUAWEI nova lite 3は他社の機種と違って、バラエティに富んだ加工機能が多数搭載されています。

特に「写真」モードの画面上部にある「設定」と画面下にある「その他」モードで調整が可能です。

「設定」画面は「写真」モードの基本設定画面になります。

タイマーの調整やシャッターの無音調整、他にもカメラのグリッドやミラー反射といった、ちょっと高度な設定も可能です。

「その他」モードは背景や画質など、どちらかというと写真全体の加工機能であり、全部で8種類の調整ができます。

例えば、パノラマは横長の写真が撮れるため、壮大な風景を撮る場合にはピッタリの機能です。

他にもフィルタを使えば、9パターンのカラーから背景を調整することができるため、味のある写真を撮ることができます。

コンシェルジュ
個人的にはARレンズがおすすめです!エフェクトや背景をポップでカワイイ画像に加工できるため、面白い写真を撮ることができます。
すず
それってSNOWみたいなアプリができるってこと?
コンシェルジュ
はい!例えばアラレちゃんに変身できたりもしますね(笑)
すず
お~!超楽しそうじゃん♪

HUAWEI nova liteで撮った画像(アウトカメラ)

HUAWEI nova lite 3のアウトカメラ

HUAWEI nova lite 3を使って、通常の写真撮影はもちろん、各種モードを使った撮影や加工機能を使った撮影など、色々な方法で試してみました。

HUAWEI nova lite 3で撮った画像

AIカメラをONにした状態で、花を撮影してみました。

花のふんわり感や背景の影の様子など、しっかりと区別した写真になりました。

HUAWEI nova lite 3で撮った画像(逆光)

AIカメラをONにして逆光でも撮影してみました。

逆光による建物や風景がうまく識別され、味のある写真に仕上がりました!

HUAWEI nova lite 3で撮った画像(アパーチャ)

「アバーチャ」モードで撮った写真です。

手前の眼鏡が中心となり、背景や奥にある時計がぼかされている様子が分かると思います。

HUAWEI nova lite 3で撮った画像(夜間モード)

「夜景」モードでも撮影してみました。

周りが暗くなったとしても問題なく、被写体(牛さん)もハッキリ撮影ができました!

HUAWEI nova lite 3で撮った画像(パノラマ)

「その他」モードのパノラマ撮影をしてみました。

池の周りをぐるりと撮影してみたのですが、広い範囲(池の半周)が一発で見ることができます。

HUAWEI nova lite 3で撮った画像(フィルタ機能)

「その他」のフィルタ機能を使ってみました。

フィルタ機能(センチメンタル、インパクト、ND、バレンシア、ブルー、ハロー、メスタルジア、夜明け)は8種類あるのですが、その中でもバレンシアと夜明けを選択してみました。

同じ被写体(HUAWEI nova lite 3の外箱)でも、イメージがガラリと変わることが分かると思います。

すず
HUAWEI nova lite 3は機能が豊富だから、オシャレな写真がたくさん撮れるね。
コンシェルジュ
機能をうまく使えば、プロ並みの撮影も可能ですね。

HUAWEI nova liteで撮った画像(インカメラ)

HUAWEI nova lite 3のインカメラ

インカメラを使って、自撮りもしてみました。

ただ普通に撮っても面白くないので、「その他」モードのARレンズを使って、ちょっとおかしな写真を撮ってみました!

HUAWEI nova lite 3で撮った画像(ARレンズ)

エフェクトだけを変更して、サングラスを選択するとこんな感じ♪

カラーバリエーション豊かな写真が撮れます!

画像は9分割になっていますが、2分割、4分割の写真もOKです。

すず
エフェクトって、マジ半端ないわ!
コンシェルジュ
他にも、ネコ耳やキティちゃんなどキャラになりきることもできます。

このようにHUAWEI nova lite 3を使って写真を撮れば、AIカメラによって人や花、建物や風景など被写体に合った最適なモードで綺麗な写真を撮ることができます。

それにさまざまなモード選択や加工機能を使えば、プロ並みの写真や面白写真もOK!

特に女性は自撮りをする機会が多いため、綺麗+ワクワクといった感じで撮影も楽しめると思います。

HUAWEI nova lite 3を使っても良い人

HUAWEI nova lite 3
コンシェルジュ
最後にHUAWEI nova lite 3を使っても、後悔しない人を紹介します。
ズバリ!こんな人がおすすめ!
  • カメラ機能にこだわっている方
  • 人とは違う自撮りをしたい方
  • 綺麗な写真を楽に撮りたい方
  • HUAWEIの便利機能を使いたい方
  • コスパに合ったミドルレンジモデルを探している方

上記に1つでも当てはまっていれば、HUAWEI nova lite 3を使っても問題ないと思います。

逆にCPUなどの処理能力や容量、他にバッテリー持ちなどを重視する場合は、ハイスペックモデルを中心に別の機種を選んだ方が良いと思います。

HUAWEIでも、あなたに合った最適な機種を見つかることでしょう!

HUAWEIのおすすめSIMフリー端末6選!性能や質感がスゴいからどの機種も人気だよ!

2019年5月13日

HUAWEI nova lite 3の購入先や価格

HUAWEI nova lite 3と外箱

HUAWEI nova lite 3は、端末本体のみ(SIMフリー)でも購入できるのですが、格安SIMと端末セットで購入した方が割引額が大きいため、とてもお得です。

各社さまざまなキャンペーンで端末セットも割引されますが、その中でもIIJmioでは端末の割引以外にもギフト券も貰えるため、最も優遇される格安SIMとしてチェックしておきたいところです。

格安SIMと端末セットで購入する場合

コンシェルジュ
HUAWEI nova lite 3(端末セット)を扱っている格安SIM会社(MVNO)をまとめてみました!

端末セットは音声通話SIMとセットで契約することになります。

特に月額基本料金は端末代金以外にかかる費用になるため、比較しながら複数チェックしておくと良いと思います。

「おすすめ」と表示している格安SIMは、キャンペーンなどで端末代金が大幅に割引されています。
格安SIMの種類 音声通話SIM
(月額利用料金)
公式サイト
IIJmio
※おすすめ!
1,600円~  公式サイト
OCNモバイルONE 1,600円~  公式サイト
BIGLOBEモバイル
1,400円~ 公式サイト
楽天モバイル  1,480円~  公式サイト
mineo(マイネオ) 1,310円~ 公式サイト
LINEモバイル 1,200円~ 公式サイト
イオンモバイル 1,130円~ 公式サイト
UQモバイル 1,980円~ 公式サイト

端末本体(SIMフリー)のみで購入する場合

HUAWEI nova lite 3のSIMフリー端末は約26,800円です。

購入時期や品質によっても値段が変わってきますが、ネットで購入すると安く入手できます。

\端末保証が付いてきます/

白ロムなどの中古品が中心です。

格安SIMや格安スマホをお探しの方

格安SIMの無料診断
格安SIMを特徴から探す


端末セットの格安SIMランキング

格安スマホランキング

アノ格安SIMのことがもっと分かる!

気になる格安SIMをクリックすると、まとめたページに進みます。

mineo(マイネオ)OCNモバイルONE楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)
LINEモバイルUQモバイルBIGLOBEモバイルTONEモバイル

ITが苦手な人でも乗り換えができます!

格安SIMの個別相談